ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

子どもを育てるための情報のひとつとして活用

子どもを病気にする親、健康にする親』の

イラストブックレビューです。

 

子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)
 

 

ワクチン、フッ素、食品添加物スマホ…。
現代社会には毒が満ちている。
子どもを病気にするのか、健康にするのかは、まさに
親の知識とその判断にかかっているのです。

f:id:nukoco:20171025093942j:plain

インフルエンザ薬は危険、ワクチンがアレルギーや自閉症を作る、
フッ素はガンなどを引き起こす猛毒、砂糖は子どもを暴力的にする…
などなど、帯にある説明文だけで『ひえええ〜』となってしまう本書。

NPO法人薬害研究センター理事長でもある著者、内海先生は
『精神科は今日も、やりたい放題』や『医学不要論』など、世の中を震撼させるような
内容の著書を出している方です。

ワクチンについては、様々な医師の意見やサイトでの個人の主張を見かけます。
子宮頸がんワクチンの後遺症については、ニュースでも大きく報道された
ように、重篤な後遺症を引き起こす割合が比較的高い事が証明されました。
インフルエンザについては、効果がほとんどない事が実証されたために、
94年から学校での集団摂取が中止されたそうです。
そういえば、自分が子供の頃は学校で注射していたけれども、自分の
子供たちは全然していません。

この集団摂取中止のきっかけとなったのは、インフルエンザワクチンを打った場合と
打たなかった場合のインフルエンザ発症率を調べた群馬県前橋市の医師会による
レポートなのですが、統計データとしては使いものにならない、といった説もあります。
当時はインフルエンザワクチンの後遺症による被害が頻出したために、
このデータが追い風となって採用され、集団摂取中止の運びとなったようです。

個人的には、上記の点を踏まえた上で、小さな子供や老人、妊娠中の方などは
後遺症の可能性を頭に入れて摂取するかどうかを判断したら良いのでは
ないかと思います。インフルエンザになったために、重篤な事態を招いてしまう事を
心配するのか、予防接種による後遺症のリスクを心配するか、どちらかですね。

内海先生の主張は、どれも激しいように自分には感じます。煽り系ですね。
先生は、そうした主張に足る事由を、具体的に説明。気になる場合は、
ご自分でもっと詳しく調べてみてください、というスタンスです。

何気なく過ごしている日常には、子どもたちにとってこんな危険な可能性に
溢れているんだよと。まずは、親がその事実について認識するべきなのでは
ないでしょうか。
全ての項目において対処することは難しいかもしれませんが、できる範囲で
詳しい情報を調べて、できる範囲で対応をする。
そうやって、考えながら子育てしなさいよと、そう言われているような
気がします。

自分で考え判断し、行動できる子どもを育てなさい、と先生は述べています。
それには親自身が調べ、考え、行動する姿を、見本として子どもに見せていく事が
大事なのかなと思いました。