ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

その旅に あなたは何を持っていきますか

『ライフトラベラー 人生の旅人』の

イラストブックレビューです。

  

ライフトラベラー 人生の旅人

ライフトラベラー 人生の旅人

 

 人生を変える旅がしたい、という大学生の和哉に、
親友の夏樹が提案したのはほとんど全てが自由な
不自由な旅だった。

 f:id:nukoco:20171227160101j:plain

 10日間の旅に、和哉はあれこれと準備をしています。
Tシャツが10枚、靴下10足。ドライヤーにパジャマ。
目覚まし時計と電池の予備。本が八冊と
ミュージックプレーヤーにヘッドフォン。
ジーンズが三本…

いやはや、荷物が多いですねえ。
自分が二十代の頃に友人と2人で旅行した時は
和哉の荷物の三分の一以下でしたが。
友人と2人、いかに荷物を少なくするかで競い合って
いましたので(笑)。

この和哉の荷物の多さは、日本での日常をそのまま
持っていくかのようです。これでは日本ではない場所で、
現地で物を調達したり、それに伴って慣れない言葉を
使って伝えようとしたり、というはじめての経験を
得る機会が減ってしまいます。

今まで経験したことのないことをたくさん経験すれば
最初はゼロだったこともイチへ変わります。
夏樹は和哉に、この旅行でゼロをイチに変える経験を
たくさんするようにと提言します。

はじめての海外旅行に不安を感じ、うつむいていた和哉の心が
ふと頭をもたげます。変わりたい、理想とする自分に少しでも
近づけたい という気持ちを思い出したから。
想定できる行動の中からは、想定できる結果しか得られない。
今までにない、新たな結果を得たければ、今まで経験したことのない、
想定できない行動にチャレンジするしかない。

そして出会いについて、才能について、真の自由について…
夏樹はその若さからは想像もできないくらい、達観していて、
その考えを和哉に惜しみなく伝えます。
夏樹が達観している理由は、生い立ちに寄るところが大きいのですが、
ラストでもっと深いところでの原因がわかります。

旅は、新しい出会いと発見をもたらしてくれます。
そして、自分を見つめ直す機会も与えてくれます。
自分の意識次第で、自分の人生にとって素晴らしい経験を
もたらしてくれます。
それは、生きていくこと、つまり人生になぞらえることもできるのです。

作者は旅をテーマに、人生について読者に語りかけています。
あなたは旅に出ますか?
あなたは旅に出たように日々を生きていますか?

吟味された言葉が、読む者の背中を優しく押してくれているようです。
自分の意識を変える、そして自分を知る、そんな旅に
あなたも出かけてみませんか。