ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

YES!規格外!!

行ったり来たり 僕の札束: 日本一有名な整形外科医が初めて語る医者とカネ』の

イラストブックレビューです。

 

 

高須クリニック院長、高須克弥が今まで手がけてきた仕事と
お金について語る。一度も儲けようと思ったことはない、
そう言い切る高須院長のお金に対する考え方とは。

f:id:nukoco:20170723083458j:plain

なんともケバケバしい金色のカバーに、昔懐かし昭和時代から
現代までの高須院長の顔写真が数点。
うわあと思ったのに思わず買ってしまったのはサイバラ効果です。
きっとこの本を買った読者の8割はサイバラファン、もしくは
ダーリンは70歳を読んだ方なのではないでしょうか。

破天荒な寄付っぷりで、この頃世に名を轟かせている高須院長。
その仕事ぶりもまたすごい。昭和時代、美容整形外科は日陰の
存在だったのだが、テレビに出たり、コマーシャルを
流して社会的に認知広めて行ったのは、この人の力。
コマーシャルでさえ流す事ができない時代だったんですね。

処女膜再生技術(そんなんあるんか!)に、包茎手術。
世の中に、声を大にしては言えないが必ず需要がある、
そんな手術を手掛けていきます。

処女膜再生技術なんかは、処女である事の価値が高かった?昭和44~45年頃に
とても人気があったそう。結婚前に手術する、とかそういうことですね。

また、日本男子の8割は包茎で、その頃にテレビや雑誌で女性たちに
『ハゲでもデブでもいいけど包茎はイヤ』みたいなことを言わせて
バンバン流して、『包茎は悪』という認識を世の男性に植えつけたり。
そこで男子たちはこぞって手術を受けに訪れたそうな。
悪いやっちゃな〜。

そんな風にして儲けた60億円。税務署に持っていかれたりしたけれども
今もクリニックは年間50億くらいの売り上げがあるらしい。

その使い方はル・マンで4億円(1周目で炎上)、オリンピックで
ナイジェリアチームに2000万円寄付、ヘリコプターでポケモンGOなど
やはり破天荒。

遺産とかどうするのかな?と思ったら一円も残さず死ぬのが目標とのこと。
子どもたちは自分で稼ぐ能力を身につけているからと。
確かにお子さんたちそれぞれクリニックで活躍されてますね。

高須院長は医者として非常に能力が高い。それでいて、常に最新技術を
自分の身体で試すし、目をつける技術が人と異なる。
その技術を引き継ぎ、完璧に使いこなせる医師たち、医院の運営に目を光らせる
優秀な実務スタッフたち、そういった人たちが、この人の規格外な発想と
行動力に魅せられて集まってくるのではないでしょうか。

自分は医師ではないし、金儲けについても参考にはなりませんが、
高須院長という人間の成分が垣間見える、という点で面白い本だと思います。

医師としての誇りを持ち、お金に対しては正直そう興味を持っては
いない方のように見えます。ユニクロ下着をホテルのクリーニングに出すという
くらいですしね。これからどんどんお金を落として、日本や世界の人々に
元気を与えて欲しいです。