ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

やりたくないことをやらない勇気

好きなことだけをして生きていく。
「自分には無理」と思っていませんか? でも、本当は誰でも自由に
生きることが可能なのです。もちろん、お金に困ることもなく。

「“努力=報われる"ではない」「好きなように生きることに罪悪感
を感じる必要はない」「やりたくないことをやめる」など、実践で
きる具体的な方法がつまっています。

f:id:nukoco:20170427215238j:plain

『がんばっても報われない』衝撃的な一文で始まる本書。

40年以上生きていれば、頑張らなくてはいけない場面はいくらでも
ありますよ。仕事は結果を求められて首が締まる思いがしていたし、
そんなときに限って子供が熱出してお迎えコール入って冷や汗出るし、
夫は残業で帰って来ないし。

頑張っていた時は、眉間にシワが寄っていたでしょうね。
常に時間に追われて、子供にも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
収入はそれなりにありましたが、仕事を頑張ることに次第に違和感を感じるように
なりました。そこから数年悩んだ後に退社。現在に至ります。

現在は本を読み、書評とイラストを書く毎日をすごしています。
こうなると日々感謝しかありません。
退社を決断した自分にありがとう(まずそこかい)、賛成して協力してくれる
家族にありがとう、退社を認めてくれて、長年働かせてくれた会社に
ありがとう。

実際に表題の通り(と思われる)生活をしている状態で購入した本です。
現在も充分にありがたい生活を送っていますが、まだまだ得られるものは
得たい! お金も、より充実した人生も手に入れたいのです。強欲ですね。

本書内の『他人に迷惑をかけていい』『嫌な人になろう』といった項目は
実践するのはなかなか難しい。でも、その迷惑加減だとか、嫌な人加減を
少しづつ領域を広げていったら、自分を開放していけるのかな。

開いていれば、入ってくる。なるほど、とストンと胸に落ちます。
若い頃は他人に対して全開だったんですが、大人になるにつれ少しづつ
閉じてきて、今は開いているのは30%くらいかな。

人生も折り返しに入ったことですし、だんだんと開いていって、
困った人なんだけどつい手助けしちゃう、と思ってもらえるような
おばあちゃんを目指したいと思います。

 

 

「好きなこと」だけして生きていく。

「好きなこと」だけして生きていく。