ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

大学教授、作家の本の読み方は実に多角的かつ深い

世につまらない本はない』の

イラストブックレビューです。

 

世につまらない本はない (朝日文庫)

世につまらない本はない (朝日文庫)

 

 養老猛司、池田清彦、吉岡忍が雑誌アエラで本について対談した内容を
まとめたもの。
学者、作家、それぞれの視点から本について語っています。

f:id:nukoco:20171025095631j:plain

『読み聞かせと子どもの脳』『読書脳の仕組み』『唯我独尊としての読書』
バカの壁を越える読書』など、章題だけでもどれもこれも興味をそそられます。

第1部では養老氏が脳の働きという観点から、本や読書について話しています。
養老氏の視点は非常に独特です。
ご本人も考え方が西洋的、とおっしゃっていますが、世の中というものを
実に客観的に見ています。世の中と自分が繋がってないんじゃないか?
というくらい冷静な目で物事を見つめ、分析してます。
そのため、読書方法もすごくて、本を読む時には、作者の見方で見えて
いないところを見つける、というもの。
これは精神科医時代に培ったようで、患者さんの見え方で欠落している
部分は何か、と考えていたために、そのような読書方法になったようです。

自分には見えない、他の人が見ているもの。それを知るためのコミュニケーションツールが
読書というわけです。それ故、養老氏は様々なジャンルの本を読み、その著者の、
登場人物の見方、見えてない部分を知ることによって、他との違いを知るため
世につまらない本はない、と言っています。なるほどですね。

第2部以降では養老氏、池田氏、吉岡氏三方による鼎談になります。
これもまた、学者に作家、そして生きてきた時代背景なども異なる3人なので
話の内容もあちこち飛んだりもしますが、特定のジャンルに詳しかったり、
ああ、この人がこのジャンルを勧めるとこういうのが出てくるのか!と
新鮮な驚きを感じたりもします。

何しろ、学者の知識の広さ、深さといったら… 
おみそれしました、と言わざるを得ないかんじです。
学問というのは、つきつめていくうちに哲学も社会学も生物学も何でもかんでも
繋がってきてしまうのではないの?という感覚に…。
先生方はそれなりに整理して頭にインプットされているようで、さすがです。

読んでる方も、今まで全く興味がなかった科学や歴史、文学の本など
内容のあらすじだけでなく、『そういう風に読むんですね!』っていう
自分では思いつかなかったアプローチ方法もあったりして、刺激的です。

紹介されている本は新刊というわけではありませんが、世界情勢に政治、
文化、社会、自然など様々な世界があることを情報として与えてくれ、
かつそこから何を得るのか?そして何が足りていないのか?ということを
読者に提示してくれるような本たちだと思います。

欲しい本が増えて困りますが、これも脳のためだと思って(笑)
今後も読書にいそしみたいと思います。

写真の謎、君に解ける?

小暮写眞館II: 世界の縁側』の

イラストブックレビューです。

 

小暮写眞館II: 世界の縁側 (新潮文庫nex)

小暮写眞館II: 世界の縁側 (新潮文庫nex)

 

 高校の先輩に呼び出された英一は、当事者に事情を聞くことなく、
3年前に撮影された写真の謎を解くように言い渡されます。
写真に写った一家と先輩は、家の中で笑顔で写っています。
ところが、背後に一家が体が透けて写っており、しかも涙を流しているのです。

f:id:nukoco:20171025095438j:plain

この写真撮影後、一家は婚約破棄や、父親が亡くなったりと、不幸な出来事がありました。
相手の男性を突き止め、事情を尋ねる英一。そこには思いもかけない真実が
潜んでいたのです。
というか、この元婚約者はとことんダメダメな男性ですね。英一にとっても、1人の女性を
幸せにすることができないダメな大人もいることがわかって勉強になったのでは
ないでしょうか。

一方、垣本順子が線路内に侵入し、救出されたところを目撃した英一。
英一に対してぶっきらぼうな態度しか見せたことのない彼女に
一体何があったというのか。
普段から何を考えているのかわからない彼女。
抜け殻のようになっていた彼女は、復帰していけるのでしょうか。
今後、物語の中でどのような役割を担っていくのでしょうか。気になります。

人と人とが大事に思い合っているのに、ほんの少し歯車が狂っただけで
とても遠い場所へ離れてしまうことがあります。
後悔しても、戻れない場所まで来てしまうのです。

でも自分の意識を変えて進んでいけば、ほんの少しでも、良い方に進んでいける、
そんなことを感じました。いつでも、どんなときでも、大事な人を幸せにしたい、
そう気づくことが大切なんですね。

いつの世も人の心はせつなく、そしてあたたかい

ねこのばば』の

イラストブックレビューです。

 

ねこのばば (新潮文庫)

ねこのばば (新潮文庫)

 

 病弱な大店の若旦那がとりまきのあやかしとともに、江戸の謎を解く
お江戸妖怪奇譚、第三弾です。
今回は、寝込んでばかりの若だんなが元気になった謎、仏に仕える
身でありながら自分を見失った者、目先の金のために我が身を差し出す者…
など、5編の短編集です

f:id:nukoco:20171025095256j:plain

個人的に印象に残ったのは、『産土(うぶすな)』というお話。
若だんなの兄いである佐助が、過去に仕えたお店でのお話です。
その店の主人は、店を回すための資金をどこからか手に入れます。
怪しく思った佐助が後をつけると、そこには妖がからんでいて…

結局、佐助が大切にしていた主人や若だんなを失ってしまうのですが、
そこには佐助の、ひとりぼっちで生きてきて、ようやく佐助と呼ばれた
その名に馴染み、自分の居場所を見つけたと思ったところでの出来事でした。

主人が自分に相談してくれなかったこと。
大切にしていた若だんなを助けられなかったこと。
佐助の悲しみ、苦しみはいかばかりなものか。
しかし、その経験が今の若だんなを何があっても死なせないのだ、という
決意へと繋がっていくのです。
大柄でコワモテな佐助ですが、とっても一途に主人と決めた人守り抜く、
誠実な人間、いや妖なのです。
仁吉がクールでかっこいいと思っていた私ですが、不器用で一途な佐助も
いいなあと転がりそうになりました。

いつの時代も一歩間違えればそこは闇。 
どんな立場の人間であろうともそれはたやすく起きることなのだな、と
思います。しかし、それに反し暖かな心に触れるような出来事もあります。
自分の心の照準をどちらに合わせるのか。

普段から、人(又は妖)のありがたさに触れていれば決して闇に落ちることは
ないのだと、若だんなと妖たちのやりとりを見ていると感じます。
今回も満足度の高い内容でした。

寿命は変えられない。でも死に方は変えられる。

彼が通る不思議なコースを私も』の

イラストブックレビューです。

 

 

 

友人がビルから飛び降りようとしている現場で、黒づくめの男に
出会った霧子。
後日、霧子は彼に再会し、次第に惹かれて行く。

f:id:nukoco:20171025095051j:plain

優秀な小学校教師である彼、椿林太郎にはある秘密があった。
結婚した2人は、互いに仕事に尽力していくが、自ら単身赴任し、
激務に疲れ、夫婦生活のあり方に疑問を持つ霧子は、林太郎に
子供が欲しい、と相談するが…。

林太郎は、相手の寿命がわかります。
林太郎にとっては、死は必ず訪れるものであり、変えられるものではない、
と言います。だから寿命は変えられない、でも死に方は変えられる、と言うのです。

相手の寿命がわかる故か、林太郎は特に教え子である子供達を大事にします。
子供の心を支えるのは愛された、大事にされた記憶。
これがあればあるほど、生きる力になるというのです。

一方、霧子は林太郎からその話を聞いた時に驚きますが、これまでの
彼の行動を思いだし、納得します。
しかし、霧子のすごいところは、諦めないところ。
寿命は変えられないと言うけれど、そんな事はない。
強く願えば変えられるんじゃないか、と考えます。

そして衝撃のラストに向かっていくのです。
生と死、障がいのある児童へのケア、人と人とのつながり、運命というもの…。
いろんなものが交錯していて、一言では言い表せないなあ、というのが
正直な感想です。

ラストは『あっ』となる結末で、なるほどタイトルはそういうことなのか
と納得しました。
人の寿命が見える林太郎は、孤独で虚しい気持ちで生きてきたのかなと
おもいます。ちょっぴり気が強くて、目の前の事に一生懸命になる霧子は
彼にとって大事な支えとなっているようです。

運命は変えられない?それとも変えられる?
この本読んだ後、あなたはどう思うでしょうか。

あなたの人生、もてなします

プリズンホテル〈2〉秋』の

イラストブックレビューです。

 

 

プリズンホテル〈2〉秋 (集英社文庫)

プリズンホテル〈2〉秋 (集英社文庫)

 

 

花沢支配人は青ざめた。なんの因果か、今宵、我らが「プリズンホテル」へ
投宿するのは、おなじみ任侠大曽根一家御一行様と警視庁青山警察署の
酒グセ最悪の慰安旅行団御一行様。
そして、いわくありげな旅まわりの元アイドル歌手とその愛人。
これは何が起きてもおかしくない…。仲蔵親分の秘めた恋物語も明かされる
一泊二日の大騒動。愛憎ぶつかる温泉宿の夜は笑えて、泣けて、眠れない。

f:id:nukoco:20171025094838j:plain

今回は死人が出ることもなく(汗)、仲蔵親分の過去も明らかになったり
警察とヤクザによる宴会場での対決があったりして、見所がもりだくさんです。

人相の悪いマルボウ警官がヤクザと間違えられたり、事件に対する大きな実績はなく、
慰安旅行企画部長として定年を迎えようとしていた地味な警官が、実は
すごい人だったとか・・・いろいろと驚きの連続です。

もう~ 警察とヤクザがうろつきまわるたびに『ああ、鉢合わせになっちゃう!』と
ハラハラドキドキ。このあたりの展開は非常に上手で、舞台なんかでやったら
相当おもしろいでしょうね。

仲蔵親分の恋物語も見逃せません。表向きはヤクザ界の重鎮ですが、過去には
こんなことがあったとは。その思いをずっと内に秘めていたところにも
グッときます。

忙しく、でも置いていかれることなく、読者を笑いと涙と感動の世界に連れて
いってくれます。
ホテルの支配人さんの仕事ぶりが特にすばらしい!
でも泊まるには勇気が必要かも。

楽しんで仕事する人の姿を見るのは気分がいい

もっと楽しく、少しだけていねいなお母さん仕事 -家事力をぐんと上げる93のヒント』の

イラストブックレビューです。

 

 いつもスッキリ、すこやかで楽しいひぐま家を切り盛りする主婦、
ひぐまあさこさんが、全てがうまく回り出す生活のコツを紹介。

f:id:nukoco:20171025094446j:plain

食べること、おうちを整えること、体を整えること、
育てること、作ること…など、章ごとに心がけていることや
こだわりなどを紹介しています。

人にすすめられて手にした本なのですが、最初の感想は
『すごすぎて参考にならない!(笑)』でした。
家の中はスッキリと美しく、電子レンジを全く使用せずに、栄養バランスの
整った彩り豊かな食卓、手づくりの薬に、ハンドメイドの布製品まで!!
いやあ、これ自分にはひとつもできない!

何というか、新人で何にもわからんのに営業でトップセールスになれる本を
買っちゃった!みたいな。
それゆえ購入して一度読んでからしばらく放置していたのですが、
この頃再読してみて感想が変わりました。

この方の専業主婦としての才能が高い!という点を楽しむのだと。
家族、家の中、周囲全体に目が行く。
家族の個人、家の中のピンポイントにも目が行く。
この外から内から自由に目線を向けられるのは、まさに家庭内監督。

そして、何よりご本人が楽しんで主婦業されているということが伝わってきます。
これ大事ですね。
食事、掃除、子育てと、毎日慌ただしく過ぎて行く時間の中で
ついつい手を抜いてしまったり、自分の仕事に虚しさを感じることも
あると思います。特に、家庭での仕事は会社での仕事と違って結果が見えづらい、
評価されづらい、ということもありますし・・・。

しかし、著者は、3人目のお子さんを授かった時に主婦のプロになる事を
決意したそうです。そんな文章を読んでみると、ご本人としてはその
目線を自由に変えられる能力や手先の器用さなんかは、実は家庭の外で
使いたい才能だったのかなと。
子どもができた事により、その能力を家庭のために全力で使う、と決めた事で
このように書籍化するくらい能力が開花され、周囲に評価されたのではないかと思います。

日々を大切に、丁寧に過ごすこと。
小さな変化を見逃さず、ちょっとした幸せを手に入れるのが上手なこと。
これを心がけて実践しやすいのが、実は主婦という仕事なのかもしれません。
主婦業を極めるのは難しいけれど、心がけくらいは実践してみよう、
そんな風に思わせてくれた一冊でした。

いろんな形で写真にあらわれる 人の想い

小暮写眞館I』の

イラストブックレビューです。

 

小暮写眞館I (新潮文庫nex)

小暮写眞館I (新潮文庫nex)

 

 

古びた商店街にひっそりと佇む「小暮写眞館」。
都立三雲高校に通う花菱英一は、両親の趣味により、この写真館に住むことになる。
そして、弟を含めた家族四人の暮らしが始まった矢先、ひとりの女子高生が持ち込んだ
不思議な写真をめぐる謎に、英一自身も関わることになり……。

 

f:id:nukoco:20171025094140j:plain

英一の家族は、歳の離れた弟がひとり。
それから、幼い頃に亡くなった妹。
かわいい盛りに亡くなった妹と、よくできる弟の間で、なるべく両親を
困らせないように、そして弟の面倒を見るようにしてきた英一。

栄一の、家族に対してどことなく遠慮している様子が伝わってきます。
自分の家族の結束度が高いことも、他から指摘されて気がつく。
家族の中での『役割』をこなしていて、自分勝手な主張なんてしない。
思春期という時期に、ハッキリとではないけれどゆるやかに状況に
束縛されているみたいだなと感じます。

その英一が、持ち込まれた写真の謎を解いていくことで、次第に
自分らしさを発揮していく部分が見所ですね。
なんだよ、やれるじゃん!みたいな。

人と人との関わりとすれ違いから、写真上に現れる謎の現象。
それに取り組む英一が、自分の限界など設けずに、ひたすら
解決に向けて行動を起こすことで、人間的にもひとまわり
大きくなっていくようです。
家族内での役割以外のところで能力を発揮する英一が、今後
どのように活躍していくのか、目が離せません。