ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

その未来は過去の「私」の手にかかっている

『未来へ……』の

イラストブックレビューです。

 

未来へ・・・・・・

未来へ・・・・・・

 

 成人式を迎えた娘からの要望は、
『かなちゃんのお仏壇を出して。』
15年前、遠足のバス事故で亡くなった双子の姉、香苗。
彼女の仏壇を出して欲しい、と妹の菜苗は言います。
その日から、母親である若葉は、不思議な夢を見るようになりました。
香苗が亡くなる数ヶ月前の日々を連続して見るようになったのです。

f:id:nukoco:20171227155446j:plain

80年代、新井素子さんの作品をかなり読んでいた記憶があります。
残念ながら内容はさっぱり覚えていないのです。
ただ、SFっぽいけど理屈は難しくない。
主人公が出来すぎるわけではなく、身近な雰囲気で、自分の力で未来を
切り開いていく。そんなイメージだったような。

書店で今回の本を見つけて、懐かしくなり手に取りました。
(2017年4月15日ハルキ文庫より上下巻で刊行)
今でも活躍しているんだな、と嬉しい気持ちもあり。

そして、読み進めるうちにああそうだ!こんなんだった!!
と思い出してきました。それは一人称で語る!
話題が錯綜する!戻ってくる!行間…

こうだったな…。そんな気がするリズム感。
当時はテンポがいいと思っていた気がするのですが、今の自分には
読みづらいですね。主人公である、双子の母親若葉は40代から50代
くらいだと思うのですが、どうも人物像が浮かばす、共感しにくい。
もっと若い方のように感じる部分もあったりして。

母親として子供に対する熱い思いを持っているということは
充分に伝わります。主婦として優秀なのもわかるのですが
一人称だからでしょうか。
そう思ったのだ。私が。だから。
こういった表現が多く、オレオレ感が強くて疲れます。

娘である菜苗。この子の口調もすごい。
「ふみー」「うみー」「うにー」「おかしいと思うのー」「なのー」
…イラつく(苦笑)。
後半に向けて、彼女がすごい活躍をするから、その口調によって
ギャップ萌えを感じさせる設定なのかな?と思い、我慢して
読み進めてみました。

うーん、確かに頑張って活躍したけれどもその口調によって
引き立つほどではない。
今の自分にはその口調は過剰な演出に取れるし、登場人物に
共感できない一因になっているように思います。

独特の口調、一人称での心情を多く記した記載。
この頃ではあまり見ない、めずらしい表現かもしれません。
作品内容については、主人公が、眠る時に夢を見ることにより、
過去の自分にメッセージを送ることができる事を発見。
亡くしてしまった双子の姉を事故に合わせないために
過去の自分にメッセージを送り続けるというもの。

メッセージの伝わり方も完全ではなかったり、過去の自分から
反発を受けたりと様々な障害が起こります。
頼りないはずの娘、菜苗からの助けも受けることになります。

過去を変えてしまったらどうなるのか。
自分の娘だけ助かればいいのか。他に事故で亡くなった人たちは。
亡くなった何十人かの人々がみんな生き残ったらどうなるのか。

そこのあたりも上手に着地したラストだと思います。
ストーリーの流れや、SFファンタジーとしての構成は
スッキリとわかりやすく、読みやすいです。

登場人物たちのセリフなどが80年代っぽいので、これが
現代風にもう少し抑えた雰囲気でやりとりしてくれたら、
個人的にはとっても素敵な作品になったのかなと思います。

「福の神」はあなたのそばにいる

『「福」に憑かれた男』の

イラストブックレビューです。

 

(文庫)「福」に憑かれた男 (サンマーク文庫)

(文庫)「福」に憑かれた男 (サンマーク文庫)

 

 他界した父に変わり、実家の書店を継いだ秀三。
店舗を大きくすることを夢見ていた彼に訪れたのは、
集客が激減するピンチに次ぐピンチ。
しかしそれは、彼に憑いている福の神の仕業だったのです。

f:id:nukoco:20171227155132j:plain

秀三は、期待を持って本屋業を継ぎますが、黙っていても
客がやってくるわけではない。近所に大型書店ができる。
よくある話です。いよいよ赤字となり、店をたたもうか…と
考えはじめた時に、メンターと言える老人と出会います。

自分のことを「日本一裕福な老人」と豪語するその老人が秀三に提案します。
「そこにいるお客にどんな本を探しているのか尋ねなさい。
仕事や名前を伺って、お客さんにぴったりの本を紹介しなさい。」

秀三は躊躇します。
お客さんに話しかけたら嫌がられないだろうか。
押し売りだと思われないだろうか。

それでも意を決して、お客さんに話しかけ、おすすめの本を
紹介します。本屋として売りたい本ではなく、お客さんが
必要とする本を。ですからお客に対して「お代はいらない」と
秀三は言います。
読んでみて気に入ったら新しい本と交換して代金をもらい、
気に入らなかったら代金は払わずに返本してくれればいい、と。
お客さんは驚きますが、心から薦めたいという秀三の気持ちは
伝わったようです。

こんな本屋さんが実際いたらびっくりしますね。
でも、自分が求めている本がハッキリしない場合は、
このように書店員に薦めてもらうのはありがたい話だと思います。
大型書店の場合は、ジャンル毎に担当者がいるほど
本が多いこともあって、読者のハッキリとしないニーズに
応えるには難しい事かもしれません。
新刊や、ピンポイントでこの本、とわかっている状況では
強いと思うのですが。

一方、新刊や話題の本が薄い(=少ない)かわりに、数年前に出版されて
あまり回転が良くないような本でも、店長の采配によって
置いておくことができる。いわば店長の個性が滲む品揃えが
できるのが、町の本屋さんのいいところだと思っています。

その町の本屋さんの良さを活かして、秀三のおすすめ本を求める固定客が
でき、売り上げも増えて軌道に乗ってきた秀三に、また新たな
不安が発生します。

増えた売上で店舗拡大などを図るべきかどうか。
そもそもその売上をキープできるのか。

ここでメンターはまた秀三に語りかけます。
「考えなければならないことは、どうやって自分の欲しいものを
手に入れるかではない。どうしてそれを手に入れなければ
ならないか、である。」

自分は人生において成功したい。
なぜ成功したいと思っているのか。
成功した先に何が見えるのか。

ここをしっかりと考えていないと、せっかく成功と言える
結果を残したとしても、常に不安にとりつかれることになって
しまいます。

自分の中で答えを見出し、新たな出会いがあり、そして未知なる世界に
チャレンジし、失敗…
失敗するくだりは読んでいてつらくなってしまいます。
が、後にくる結果を知れば、やはり必要なことだったのだ、と
理解できるのです。

神様は自分で乗り越える事ができる試練しか与えない。

そして
人知れず他の人のためになるいいことをする
他人の成功を心から祝福する
どんな人に対しても愛を持って接する

これらは子供の頃から、祖父母や両親、先生や先輩から
教わってきた事かもしれません。
しかし、この物語の中で、一人の人間がこうしたことを
実践しながら着実に成長し、自分だけでなく、周囲の人々まで
幸せな気持ちにさせているという事を読むと、ストンと心の中に
入ってきます。

自分の使命。生きていく目的。
それを発見し、そのために力を尽くすことができる。
そのように生きる事が出来れば、とても幸せな人生と言えると思います。
そんな人には福の神がついているのに違いありません。

人生を楽しむための自由人の思考術

『自由人の脳みそ 仕事も夢も遊びも、自由に、自分の好きなように楽しむための38の考え方』の

イラストブックレビューです。

 

自由人の脳みそ  【仕事も夢も遊びも、自由に、自分の好きなように楽しむための38の考え方】

自由人の脳みそ 【仕事も夢も遊びも、自由に、自分の好きなように楽しむための38の考え方】

 

思考の癖を変えれば、人生は劇的に面白くなる!!
ベストセラー作家、日本とNYで出版社を経営、
レストランバー・ゲストハウスを世界中で展開、
インドとジャマイカフリースクール開設、
世界一周旅行2回、そしてハワイへ移住。
様々な活動をエネルギッシュこなし、家族を愛する二児の父親
でもある著者が、ジャンルにとらわれない自由人の思考術を公開。

f:id:nukoco:20171227154903j:plain

 肩書きだけでも書ききれないほど、多彩な活動をしている
著者の高橋歩さん。これだけのことをしていたら、普通の人は
人生一回じゃ足りないのでないでしょうか。

こんなにもあらゆることをやってのけるには、やはりそれなりの考え方が
必要になります。やりたいこと、欲求からはじまり行動力、覚悟、
選択、オリジナリティ、仲間、死など、38のトピックごとに
その思考術を展開します。

その行動力の原点は、スバリ『ワクワクを感じたらすぐ行動!』
というところにあるようです。潜在意識がビビッときたら、意識が
入ってくる前に行動起こす。これいい!と感じたら、今日は忙しいからな、
とかお金がなあ、とかあれこれ思い込む前に動いてしまうのです。

これを実践するには、会社に勤めていたりすると結構勇気が要りますよね…?
どうしてもリスクがないように、とあれこれ考えてから仕事って
やりますし。少なくとも自分はそうしていました。

しかし、あれこれ考えすぎるとどんどん動けなくなっていく、
というのもある意味事実です。ですからまず動き、動きながら考える。
失敗は、成功に繋げていけば、単なる経験に過ぎない。
失敗を失敗のままで終わらせるか否かは自分なのです。
うう 耳が痛い。

自分の事を振り返ってみると、若い頃は失敗して当たり前!!
と元気いっぱい仕事に取り組んでいたものですが…。
経年を重ねるにつれ、失敗してはいけないという
思いが鎧となって自分の体重くのしかかってきて、身動きが
とれなくなっていたように思います。

まさにそんな頃にこの本と出会いました。
子どもの頃の自分に出会ったような、不思議な気持ちになりました。
自分の感性を研ぎ澄まし、ワクワクを見つけたら即行動!
感性を鍛えるためにはめいっぱい遊ぶ!頭を開放する時間を作る!
え、こんなにいろいろやっちゃっていいの?と目からウロコな
項目がいくつもありました。

それは、「働いている人は自由な時間を持っていてはいけない」
「子育てをしている人は、1人でのんびりなんできるはすがない」
などなど、自分の行動を制限するような思い込みをいくつも持っていたから。
この本を読んで、こんなことやれっこないよ〜と思いつつ
なんだかウキウキしてしまっている自分を発見!

…で、会社を辞めました。
現在は本を読み、レビューを書き綴る毎日を過ごしています。
2年前の自分、よく決断したな!と褒めてあげたいです。
この本にはすごく助けてもらいました。
何度読んでも、その度ごとに心に止まる部分が違ったりして、
付箋だらけになっています。

就活中の学生さん、社会人数年目、数十年目の人。
どなたにでも参考になる箇所があると思います。
辛い思いをして働いている人には、カンフル剤となって新しい
行動を起こすことになるかもしれません。

「どうにもならない」「できるわけない」「無理だ」
「自分らしさ」「世間の常識」などなど世の中にはあらゆる思い込みを
促すような情報が溢れています。
そんな思考から開放されて、制限を設けずに、ただ心が弾む方向へ進んでいく。
喜んでいる自分を感じる。
毎日そのように過ごせることが自由人としての生き方になるのだと
思います。

自然は私たちに「感じる」事を教えてくれる


センス・オブ・ワンダー
』の

イラストブックレビューです。

 

センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダー

 

  化学薬品による環境汚染に対していち早く
警鐘を鳴らした『沈黙の春』の著者である
レイチェル・カーソン
その彼女の遺作として、彼女の友人たちによって
出版されたのが本書です。

f:id:nukoco:20171227154637j:plain

レイチェルが毎年夏を過ごしたメーン州の海岸と森。
ここで彼女は姪の息子である幼いロジャーと森を
探検し、星空を眺め、鳥の声や風の音に耳をすませます。

レイチェルの描く自然の姿はとてもみずみずしく、
自身の発見や気づきによる喜びが伝わってきます。
そして、全ての子供たちに対して、自然の中に
身を置き、そこから感じられるものを見つけてほしい、
と言います。

驚き、喜び、ワクワク、恐怖…。
自然の中で得られる様々な感情は、子どもにとって
考えるための種となります。
「これは何?」「わあきれい!」「大きな音が怖い」
様々な自然の姿や変わり続ける状況を「感じる」ことで
知識を得たり、さらなる探究心を生むことになるのです。

森の木々、下草、川の流れ、海の波、風の音、太陽の輝き。
これらを肌に感じることで、自分も自然の一部なのだ、
ということが理解でき、自然に抱擁されているような
感覚を覚え、 私たちは大きな安らぎを得ることが
できるのです。

自分が自然に触れたのはいつが最後だったかな?
振り返って考えてみたら、2週間はたっていなかったので
意外と最近でした。ですが、自然の中にいた、というだけで
風や水の匂いを感じたり、花や葉がざわめく、風に散る、
といったように、じっくりと感じる、ということはなかった
気がします。

近所を散歩するにも木はありますし、花も咲いています。
風も吹くし雨も降ります。
身の回りには生命の輝きが溢れている、そう考えると
見える景色がガラッと違って見えてくるようです。

どこにいても、生命を感じる力、自然の美しさや力強さに
対し、驚きと畏怖の念を持つ感性を持つこと。
それは自分自身が流されることなく、しっかりとその場に
立つ、ということに繋がっていくのかもしれません。

その言葉に、もう頷くしかない

『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』の

イラストブックレビューです。

 

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)

 

漫画家、西原理恵子が、お金、男と女、ビジネス、
家族、トラブル解決法まで、読者からの様々な相談に
答えます。

f:id:nukoco:20171227154434j:plain

飲酒で退学処分。
水商売でアルバイト。
離婚したのち、ガンを患った元夫の最期を看取る。
西原氏の経歴は、簡単に書いても波乱万丈。
そんな彼女が、その独特の視点でもって読者からの相談に答えます。

「会社員にTOEICが義務づけられたのだが、英語が超苦手で
困っている」という相談には「フィリピンパブへ行け!」
と気炎を吐く。なぜフィリピンなのか、というところも
丁寧に解説しています(笑)。 
西原氏の取材経験から得た真実なのでしょう。

「中2の娘がまだ父親とお風呂に入っているので心配だ」という
母親からの相談には「毛が生えたら入らなくなるから大丈夫!」
とこれまた逞しいお答え。親戚のおばちゃんに大丈夫よアンタ!
と背中を叩かれるような、そんな頼もしさです。

「妻子ある人との関係を続けるべきかどうか」と悩んでいる女性には、
「とりあえずバックアップを」と西原節の炸裂です。
不倫については否定しない彼女の独特の理論を展開しています。
ここら辺が正しくないけど役に立つ、と言う部分なのかも
しれませんね。決して不倫自体を推進したり擁護しているわけではなく、
相談者自身の幸せを考慮した結果の回答なんです。

西原氏は、生きる達人ではないかもしれないけれど
生きる意欲というか、生きる力、生命力がものすごく
強い方だと思います。だから回答内容によってはすごすぎて
参考にならない(笑)。逆に目の前にある小さなことから
クリアしていけばいいじゃないか、大きく思えた悩みは
実はそれほどでもないのかもしれない。
そんな風に思わせてくれる、西原氏の生き方の知恵がつまった
一冊でした。

母の型から抜け出せない

『あのひとは蜘蛛を潰せない』の

イラストブックレビューです。

 

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)

 

 

ドラッグストア店長の梨枝は、母と実家暮らしの28歳。
母から押し付けられるきちんとしなさい、という型から
抜け出すことが出来ず、息苦しさを感じている。

アルバイトの大学生と恋に落ちた梨枝は、家を出て、
一人暮らしを始める。母からの束縛から解放され、彼氏とも
仲良くすごし、何もかも順調に思えていたのだが。

f:id:nukoco:20171227154228j:plain

母親と梨枝のやり取りは、知りもしない人の悪口を
無理やり聞かされているような、そんなムカムカした気分になります。
やり取りと言うか、一方的に母親が自分の価値観を娘に
押し付けているのだけれど。

母親と喧嘩になるのが嫌で、ハッキリと自分の意見を言わない梨枝にも
イライラしてしまいます。28歳なんだから、何でも自分で
決めて実行したらいいじゃないの!と。
梨枝の、母親に対する従順さというのは、昔、幼児の頃に亡くなった
梨枝の弟が原因となっています。
小さな赤ん坊の死を前にして、親戚から罵られる母親をかわいそう、
と思ったから。一緒にいてあげなくては、と思ったから。

そんな状態で母親と共に過ごしていた梨枝も、彼氏ができて
ようやく自分の意思を主張するようになります。

まずは母親から解放された自由を謳歌し、彼氏とも仲良く
したことにより、はじめて他人の考えることと自分の考えることは
違う、ということに気がつきます。母親にすり込まれた価値観は
必ずしも周囲の人みんながそうは思っていないこと、そして
自分すらもその価値観に同意していないかもしれないこと…。

1人になって他者を見る目ができる。
1人になって、自分を見つめざるを得ない状況になりながらも
母がかけたフィルタが邪魔をするように感じている梨枝。
梨枝にとって一人暮らしとは、他人を引き寄せる喜びと、自分が何者であるかを
見失うかのような不安を呼び寄せるもののようです。

恋人と距離を置き、嵐のような心の浮き立ちから一気に
転落し、身を引きしぼるようにして日々を過ごす梨枝。
娘に家を出て行かれ、息子夫婦と孫を迎え、料理のまずい
嫁に文句ひとつ言わず、耐えているような素振りの母。
自分の寂しさをネットで紛らわす、梨枝の幼なじみでもある
兄嫁。

登場人物がそれぞれの立場で、自分の寂しい思いを
内に抱えて生きていく。そして環境が変わっていくことで
困難な状況を乗り越えていくのです。
やさしさ、さみしさ、よろこび。
1人の女性の、1年間くらいの出来事の物語なのですが、
主人公や登場人物たちのあらゆる感情が細やかに、静かな美しさを持って
描かれています。

作中の登場人物、起こる出来事、そこで得る気づき。
読者によってそれぞれに響く部分を感じる。
そんな物語なのではないでしょうか。

上司にこんなことしたいと思った人、手を挙げて!!

『サラリーマン山崎シゲル』の

イラストブックレビューです。

 

 とある会社の、とあるサラリーマン山崎シゲルが、
部長相手に繰り広げる異常な日常を一コママンガで
描く。

 

f:id:nukoco:20171227154012j:plain

食パンに乗って通勤、疲れた部長に缶コーヒーのように
サバ缶を差し入れる、部長を跳び箱のように飛び越える…

あり得ない!あり得ないシーンばかりなのに
思わず笑ってしまいます。上司である部長は、奇妙な山崎に対して
切れることなく静かに対応してくれる、とても良い方です。
部長の机の引き出しにご飯をぎっしり詰め込まれたとしても
冷却シートを頼んだのに、ベーコンを額に載せてくれたとしても
「山崎くん…これ違うよね」
と哀愁漂う表情でただ呟くのです。

一コマの中に詰め込まれたシュールな空間。
なんでここにこれが!こいつが!なんだこれは!?と
いう組み合わせが多すぎて、もう笑うしかない。
山崎はサラリーマンであるということで、一見まともそうに見えるのですが
全然まともじゃない。
天然のようで確信犯の時もある山崎の行動の数々。

そして、なんとも味のある描画。
山崎の、穏やかながらいろいろとやらかすときの表情の変化、
部長の、中高年に漂う諦念を背負った背中の丸み。
背景のないスッキリとした一コマの中で、彼らが所狭しと
動き回ります。

山崎のぶっ飛んだ日常ぶりに爆笑すること間違いなしです。
苦手な上司がいる方は、山崎が部長に対して行ったことを
自分の上司にやることを想像してみてはいかがでしょう?
スッキリするのではないでしょうか。
ただし、その上司の目の前で想像してはいけません。
笑いが止まらなくなりますので…