ぬこのイラストブックれびゅう

ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

音楽によって、人は世界を共有できる

蜜蜂と遠雷   』の

イラストブックレビューです。

 

 

近年、その覇者が音楽界の寵児となり、世界中から注目される芳ヶ江国際ピアノ
コンクール。自宅にピアノがない16歳の少年、風間塵。かつて天才少女と言われながら、母の死以来弾けなくなってしまった20歳の音大生、栄伝亜矢。楽器店に勤めながら
練習に励む28歳のサラリーマン、高島明石。完璧な技術と優れた音楽性を持つ19歳の
マサル。彼らの戦いの火蓋が切られた。

f:id:nukoco:20190731065243j:plain

才能溢れる4人の男女が繰り広げる戦い。
クラシックの常識を打ち破るような、それでいて感情を揺さぶられる演奏をする
風間塵。何と彼はピアノを持っていない(!)とか。彼を認めることは、これまでの
クラシックピアノ界の在り方を否定することにもなりかねない。著名な審査員をも
悩ます、型破りの奏者です。

栄伝亜矢は、幼い頃から天才と言われ、コンサートなども行ってきました。
しかし、母親が死んだ後のコンサートで、ピアノを弾くことなく会場を後にして
しまいます。以来、人前で演奏することもなく、自分で楽しむ程度に弾いて
いましたが、知人に勧められて音大を受け、合格。今回のコンクールでは
7年ぶりに人前で演奏することになります。

楽器店に勤め、妻も子どももいる28歳のサラリーマン、高島明石。参加者の中では
最年長クラスであり、仕事もしながら毎日練習し、改めてピアノ演奏への喜びを
感じながらも、今回がコンクールへの最後の挑戦となるだろうと考えています。

そして、華やかな容姿と、洗練された立ち位置振る舞い、加えて完璧な技術と
見事な楽曲の解釈・表現力で有力な優勝候補とされているマサル・カルロス・
レヴィ・アナトール。彼は少年時代に出会った、自分にピアノを弾くきっかけを
与えてくれた日本人の少女に思いを馳せていました。

物語の中心人物となる4人は、それぞれの人生を生きてきて、今回のコンクールに
のぞみます。タイプは異なりますが、彼らの指から紡ぎ出される音は、粒となって
聴くものの耳に、そして心に沁みこんでいきます。

見ないようにしていた心の蓋を開けられ、つかみ出されて、
さらに揺さぶられるような。
柔らかく、温かいもので包まれているような。
何かに駆り立てられているような。
激しく突き落とされ、やがて優しく立ち上がらせてくれるような。

音楽というものが、曲により、曲の解釈により、そして奏者や聴く者により
実に様々な世界を与えてくれるのです。優れた奏者というのは、聴くものの魂の
部分にまで到達するような音を作り出すものなのでしょう。

ピアノの演奏の表現も、ここまで多様に、そしてまるで自分がコンクール会場の
観客の一人として、流れる演奏に身を委ねているような、そんな気分にさせて
くれる恩田さんはさすがですね。クラシックピアノ界の現状と背景、演奏曲の
テクニック上のキモの部分、そして何より芸術の神様に愛されるピアニストたちの
感性とピアノへとの付き合い方などを余すことなく描いていて、ピアノに無縁な
方でも存分に楽しめる内容です。

天才たちが実力を遺憾なく発揮し、作りあげ招き入れてくれる世界。
生きる世界全てが音楽に感じる彼らだからこそ、その音は聴くものの奥にまで深く
届き、魂を揺さぶるのかもしれません。

にほんブログ村 本ブログへ

追い詰められた状況における『カラダの声』の役割とは

火口のふたり 』の

イラストブックレビューです。

 

自分がとても危うい場所に立っているように感じることがあるでしょうか。
顔が青ざめるような状況で、身体の奥でたぎるものがある。
そのたぎる何かに従って行動することは、目の前の状況に目をつぶっているだけ、
と周囲の人は言うかもしれません。しかし、その熱いものに流されていくことで、
燻っていた閉塞感や絶望も流されていくのです。
これは、そんな男女それぞれが感じる欲望と絶望を描いた物語です。

f:id:nukoco:20190817120808j:plain

一時期は兄妹のように過ごした賢次と直子。実家を出てそれぞれが一人暮らしをして
いた頃、いとこ同士でもあるせいかしっくりと肌が馴染み、毎日のように肌を合わせて
いた二人。賢次が元妻と付き合いだした頃から二人は自然と離れていったのです。

賢次は、結婚し娘も生まれましたが、自身の浮気が原因で離婚し、勤めていた銀行も
退職。会社を立ち上げますが、震災の煽りをくらい、融資を受けてとにかく続けるか、
それとも潰してしまうのがいいのか、と悩んでいます。

そんな中、直子が結婚するという話を聞き、懐かしい気持ちになります。直子から直接
電話が来て、買い物と機械のセッティングの協力を頼まれ、ひさびさに再開をした二人。あと数日後に挙式を控えた直子から誘われ、ふたたび身体を重ねます。

二人の関係は、恋人同士というのとは少々異なるように感じます。身体の相性はとても良いようですが、兄妹がじゃれあっているような、動物同士がグルーミングして、気持ち良さそうにしているような、そうした行為の延長のよう。場所を変えたり、設定を変えたりかなりハードに交わっていますけれども、男女のねっとりとした感情のやりとりが感じられません。

直子の体調が良くない時もつきっきりで看病したり、食材を買い込んで手の込んだ料理を作ってあげる。賢次の面倒見の良さは、妹を大切に思う優しさを感じさせますが、身体を合わせる時には自分の中のドロドロとした部分をぶつけているようで、賢次の闇の深さというか、奥底の見えない様子を感じさせます。

賢次の、家族を失い、会社も失いそうな不安。会社を畳んで整理し、一から出直すことが最適だとわかっているのに、目を向けようとしないこと。直子の、結婚相手との新しい生活への不安。賢次に対してするように、自分をさらけ出すことはこの先ないのだ、という諦め。そして、世の中の、原発事故や放射能に関する情報に不安になり、振り回され、それを胸の奥底に抱えながら見えないふりをして、日常生活を営む人々。

誰もが足場が不安定な、大きな火口の淵に立っているのです。そして、穴の底には普段は隠している不安、諦め、絶望が渦巻いています。それを押し流すことができるのは、
セックスによる身体の熱だけなのかもしれません。身体の声だけを聞き、頭の中を空にすることで、次への一歩を踏み出すだけの力を持てるのではないでしょうか。

火口に立ってみなければ目にすることのない欲望という名の熱の塊は、絶望の淵に立った時にこそ、よりいっそう熱く燃え上がっていくものなのかもしれません。そんな欲望をむき出しにしたカラダの声を聞くことで、自らを浄化する。セックスはそうした役割も持っているのかもしれないと思う物語です。

 

このコラムはシミルボンに掲載したものです。

にほんブログ村 本ブログへ

移動した先にあるのは自分の想像を超えた未来

移動力 人生は「移動距離」で決まる!』の

イラストブックレビューです。

 

好きなこと、好きな人、好きな場所は移動した先に出会える。
東京、大阪、福岡、ハワイ、サンフランシスコなど、世界中を移動し続けて
いる著者が、移動によって人生を劇的に変える方法を公開。

f:id:nukoco:20190815075948j:plain

「定住」が人間の不幸のはじまりだった。
こんな衝撃的な第1章からはじまり、移動方法、住む場所、職場、コミュニティの
それぞれについてのメリットと、具体的な方法を著者の体験を交えながら解説します。

定住することは、安定の象徴であるようにも感じられますよね。
決まった家に住み、決まった交通手段で決まった職場に出勤し、決まったメンバーと
決まった仕事をする。そこには突然の変化は比較的少なく、安心感がある状況のように
見えるのですが…。

ところが、人類の歴史を見てみると、作物を作るようになることで狩をしなくなり、
まとまった人数で住むことになる。食物の量は増えない。人口は増加していく。
人口密度が高まることで疫病なども増えていく。おまけに決まった作業をするから
生き残るために知恵を絞ることが少ない。などなど、定住によるデメリットが多く
あるのでは、と著者は主張しています。

それでは定住しないことで何が起こるのか。常に新しい常識、状況、人と出会うため
サバイバル能力が発揮されます。常に考えて、対応することが求めらるためです。
つまり、安定した場所で使われることのなかった力、本来の自分自身の能力が表に出て
くる、ということなのです。

自分自身を変えたい、と思っていても、意思の力で変えることは相当な困難を伴います。
そんな時には、環境を変えてしまうのが手っ取り早い。 自分の考えが通用しない場所や
人がいる場所へ行けば、今までの自分では通用しないのですから、違う自分を引き出していくしかありません。

そして、自分のやりたいこと、好きな場所やもの、人がよくわからないという人も
とにかく移動してみること。今までの場所に見つからなかったのであれば、そこを
動かない限りこれからも見つけられない可能性が高いのです。

そうして動き続けることが習慣になれば、これから先のどうなるかわからない未来に
おいて、不安な気持ちは無くなるはずです。なぜなら、嫌だな、と思えばすぐに移動して違う場所に行く、ということができる能力を身につけているわけですから。

安定志向、というのは変わっていく環境に目を瞑るということなのかもしれません。
先行き不透明な今の時代だからこそ、しなやかな思考力と行動力を手に入れることが
必要となってくるのではないでしょうか。そんな力が身につく「移動力」は、必須能力と言えます。

まずはここではない場所へ、空いた時間に移動してみる。
常識や思い込みや人間関係に縛られない、自由な未来への切符が移動力なのかもしれません。

にほんブログ村 本ブログへ

あたたかくユーモラスに描かれた「運」のお話

強運の持ち主  』の

イラストブックレビューです。

 

営業時代に鍛えた話術を活かし、占い師へと転身したルイーズ吉田こと
吉田幸子。ショッピングセンターの片隅で、悩みを抱える人の背中を押す。
優しく、温かい気持ちになれる物語。

f:id:nukoco:20190731064314j:plain

 

父と母、どちらを選ぶか迷っている小学生男子、気になる男性に振り向いて
欲しい女子高生など、占い師ルイーズの周囲には、さまざまな悩みを抱える
人々がやってきます。

星を調べるとか、そういった占い的なものももちろんするのですが、ルイーズは
お客が求めている答えを探り出し、 それを伝えるのです。つまりは、勘です。
適当です。自分自身が、占い仲間や彼氏に対してはっきりそう言ってしまって
いるところが面白い。

とはいえ、まったく適当に当てずっぽう、ということではありません。占いの
結果、お客様が目指す道が思わしくない方向へ向かいそうだが、本人がそこへ
行きたいと考えているのであれば、「困難もあるけれど、そこで得るものは
決して悪くない」と背中を押してあげるのです。

高い人間観察力とトーク力を持つルイーズは、優秀な占い師と言って良いのでは
ないでしょうか。たとえ適当な雰囲気を発したとしていても。おまけにルイーズは
今の彼氏を前の彼女から略奪しています。その理由は「自分と最高の相性であり、
なおかつ最強の運を持った男だから」。占い師が公私混同するのかー!なんか
ずるいな。自分の運勢も上げ放題じゃないの!

なんて思っていましたが、どうもそうでもないようなのです。
彼氏はごく普通の、これといった取り柄もない、休日にゴロゴロしているような
男性。休日なのに出かけられなかった!と嘆くルイーズに「ちょっと遠くの
スーパーへお出かけしよう」と誘います。スーパーかよ!と思いつつ、いつもの
店には置いていない生活用品や食品を買い、二人とも結局満足して帰宅するという。

そうした何気ない日常の「ああ、いいなこれ」がいくつも登場して、これが幸せと
いうやつなのね、と読んでいてほっこりします。
そうした「いいなこれ」を気付かせてくれる彼氏、その気づきを占いに活かしていく
ルイーズ。これはやはり最高の相性なのではないでしょうか。でも、この二人だから
こそ感じられる幸せなのであって他の組み合わせでは成り立たないところがまたいい。

悩みを抱えたお客さんたちも、そうした幸せを無意識に求めているようです。目を
開ければそこにあるものなのに、自分から目を瞑ってしまう。その閉じた目を少し
ずつ開けてごらん、と促してくれるのがルイーズなのです。

目を開けて、目の前の幸せに気がつくことができること。
どんな状況でも、それができる人間が「強運の持ち主」なのかもしれません。


にほんブログ村 本ブログへ

歪んだ愛に喜び、苦しむ者たちを描いた物語

繭  』の

イラストブックレビューです。

 

33歳で、自分の店を持つ美容師の舞には、結婚して一年になる夫、ミスミがいる。
舞は、ミスミに暴力を振るってしまうことに悩んでいた。ある日、店の客で、
同じマンションの住人である希子と知り合い、交流を重ねるが、希子はある秘密を
持っていた

f:id:nukoco:20190731064019j:plain



優しい夫に、ふとしたきっかけで暴力を振るってしまう舞。夫のミスミは一切抵抗
せず、舞を責めるようなこともありません。止められない衝動に、自分はおかしいの
ではないかと悩む舞は、希子という女性と出会います。

初めは店の客としてやってきて、その後は舞がミスミに暴力を振るった後に自転車で
逃げ出し、転んでしまい、腹が立って原因となったゴミ集積所のゴミを片っ端から
放り投げていたところに、希子は通りがかったのです。何も言わず、広がったごみを
集めて袋に戻し、その袋を集積所に戻す希子。淡々と作業した後、自転車から落ちて
怪我をしている舞を手当てしてあげます。

一見地味な希子が華やかな舞を慕うような雰囲気に見えますが、実はそうでも
なかったりします。牽制しあっているというか、どちらも本心は出さないように、
気を使っているようにも見えます。しかし、今回のことをキッカケに二入は交流を
重ねていきます。

彼女たちの、何回会っても親密にならない違和感にザワザワします。
そして舞の夫、ミスミもまた違和感を感じさせる男です。
かつて美容師として舞と共に働いていましたが、上司のいじめに遭い、退職し、
その後は様々な店に勤めても数ヶ月でやめてしまう、という状況でした。
主に家で家事などを担当し、舞が心地よく家で過ごせるように整えています。

奥さんのDVに困りながらも、奥さんを愛し、彼女が快適に過ごせるように家を整える。いい旦那さんのようですが、実は希子ともともと知り合いで、舞と友達になるように仕向けたのはミスミだったのです。

この辺りからミスミの存在が、不気味に大きく広がっていきます。
舞はミスミに暴力を振るいますが、ミスミを愛していることは確かだし、彼を殴る
自分が嫌だと感じているのです。でもやはり殴ってしまう。それをミスミは受け入れる…。そのミスミの様子は舞を包み込み、やがてその愛で舞を窒息させてしまうようにも感じます。

頭でわかっていてもやめられない、衝動を抑えられないのは依存と言って良いでしょう。舞が依存していたのはミスミに対してなのでしょうか。それとも暴力に対して
なのでしょうか。

暴力、依存、愛情。一本の細い線の上で、危ういバランスで成り立っていた二人に
訪れる結末。暴力は他人だけでなく自分をも傷つけるのだということ、そして
恒常化する事であらゆる感覚が麻痺していくこと、そしてそれは、間違いなく
幸福という形とはかけ離れたものであること。そんなことを教えてくれる、
胸が重く、苦しくなるような物語です。

にほんブログ村 本ブログへ

自分の居場所を「作る」と決意した娘の物語

跡とり娘 小間もの丸藤看板姉妹』の

イラストブックレビューです。

 

江戸は日本橋伊勢崎町の小間物商「丸藤」は、紅やおしろい、櫛やかんざしなどを
売る大店。「丸藤」には、幼い頃病弱であったために品川で暮らしていた姉の里久と、
美しくて評判の妹、桃の二人の娘がいた。里久は、これまで暮らしていた漁師町と、
江戸の大店での暮らしぶりの違いに戸惑うが、その明るく前向きな発言と行動で
周囲の人々を変えていく。

f:id:nukoco:20190731063301j:plain

小間物商とは、今で言うデパートの化粧品売り場のような雰囲気でしょうか。
店頭で化粧品や髪飾り、櫛などを販売しています。お客様も「綺麗になりたい」と
いう気持ちで店を訪れる女性たちです。丸藤で取り扱っているおしろいは、上質な
もので価格も高いのだとか。

そんなお店に戻ってきたのは、漁師町で育った里久。日に焼けて肌は真っ黒、女中の
仕事である味噌汁づくりをする、正座は長時間出来ない、お茶やお花の稽古全般が
苦手…。田舎育ちの元気いっぱい娘、といった体の里久。母から身のこなしから
礼儀作法まで逐一たしなめられ、いかにも大店の娘然とした妹からは、里久の
荒っぽさに呆れられる始末。

そんな里久に、父親の藤兵衛が「店の手伝いをしてみては」と提案します。
じっとしているのは苦手で、礼儀作法も出来ないけれど、お店を手伝うことで
この家の娘としてやっていけるかもしれない。里久は、張り切って店での仕事を
覚えます。しかし、店ではおしろいの売り上げが下がり、厳しい状況になって
いたのでした。化粧をしない里久が、お店にお客様を呼ぶために思いついた事とは。

化粧はできないし、興味もない。お店のお嬢様には見えないガサツさ。
でも元気いっぱいで、まっすぐで、周囲の人を笑顔にしてしまう。そんな明るい
魅力を持った娘、里久。長く暮らして馴染んだ場所と生活から、全く違った環境へと
やってきて、戸惑いも多かったと思います。

性に合わないことをやらされ、できなくて凹むことがあっても、諦めることは
ありません。結局お稽古ごとはうまくいきませんが(笑)、店の売り上げにつながる
イデアを、里久ならではの目線で次々と打ち出し、売り上げにつなげていきます。
化粧に興味がなく、綺麗になることに執着を持たない里久なのですが、そんな彼女
だからこそ思いつく発想は、斬新であり、しかもお客の心をしっかり掴むものでした。

馴染まない場所でいじけて立ち止まるのではなく、笑顔を絶やさず、自分なりの
ペースで、自分自身の居場所を作っていく。そう決意した里久が起こしていった
行動は、彼女を、いつのまにか「丸藤」になくてはならない存在にまで変化させて
いったのです。

弱さを見せない里久がチラリと見せる郷愁の思い、それをバネにして頑張る姿。
女性がおしろいでもとの肌を隠すように、里久も弱い自分の心を覆い隠して
笑顔を見せていたのかもしれません。そんな里久の強さと弱さ、そして商売の発想力、
人の気持ちに寄り添う能力に感嘆し、感動する物語です。

 

にほんブログ村 本ブログへ

彼女がまいた奇跡で世界は光に包まれる

まく子  』の

イラストブックレビューです。

 

 

小さな温泉街に住む小学五年生の男子、慧は日々成長していく女子たちや自分の
身体に恐れを感じていた。そんな時に「コズエ」がやってきた。美しくて、
ちょっと変わっていて、「撒く」ことが大好きな彼女には秘密があった。

f:id:nukoco:20190731062910j:plain

母親と二人で温泉街にやってきた美少女、コズエは不思議な女の子。
周囲の女子たちのように「女」を感じさせないし、何もかもはじめて見たかの
ような反応をします。そんなコズエは「私はある星から来たの」と慧に打ち明け
ます。コズエの発言に慧は戸惑います。

小さな温泉街は、美少女コズエの登場でちょっとした騒ぎになります。当のコズエは
理解しているのかいないのか、いたってマイペース。何事にも大きな目を見開き、
じっと見つめています。その瞳は先入観を持たず、ただ事実を「見ている」かの
ように見えます。

物語は、自身と周囲の成長に嫌悪や恐れを感じる小学五年生の慧の心情が、とても
丁寧にみずみずしく描かれています。生理が始まる女子、それをからかう男子。
以前はよく面倒を見てくれていた高学年男子が、今はヤンキーになっていること。
引きこもりになってしまった同級生のこと。働いている様子はないが、街に溶け込んで
いる変わった大人たちのこと。

何も考えずにいられた頃のままでいたいのに。慧は繊細で優しい性格のようです。
人を傷つけるような発言や行動はしませんが、心の中ではいろいろと考え、言葉に
できない部分もあったりして、モヤモヤすることもあります。

コズエは、そんな慧のモヤモヤを払拭してくれるような存在です。
自分は宇宙から来た、というようなおかしな発言もしますが、ドロドロしたものを
抱えていない、クリアな空気を発しています。周囲の目にとらわれず、事実を
まっすぐに見つめる瞳は、本当に宇宙人かもしれないと思わせます。

成長とは、死に向かって進むことだ。そんな風に悲観的に考える慧。
しかし、神輿を作り、祭りの後にその神輿壊す、という作業をする事で、彼の中で
変化があらわれます。それは大人になりたくないという自分を壊して、大人の身体を
持った自分を受け入れるきっかけとなったのです。

コズエが撒いたのはいったいなんだったのでしょうか。
水、土や石、葉っぱ。手からこぼれ落ちるそれらは、光を浴びて煌めきます。
撒く瞬間はとてもきれいですが、手から離れてしまえばやがて見えなくなってしまい
ます。それは輝いていた幼い頃を象徴しているのかもしれません。

さまざまな人との繋がりや出来事の中で成長していく少年の姿。
不思議な少女との出会いがもたらした、成長と命への認識。
キラキラした、大切な時間を丁寧に描いた物語です。

にほんブログ村 本ブログへ