ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

連続通り魔と自分。違いは何なのか?

エイジ』の

イラストブックレビューです。

エイジ (新潮文庫)

エイジ (新潮文庫)

 

連続通り魔の犯人は同級生だった。
自分と犯人の彼との違いはなんだ?
揺れ動く14歳の少年の心を描いた物語。

f:id:nukoco:20170723082935j:plain

14歳のエイジは両親と姉の4人家族。
ごく普通の、平凡な日常を過ごしている。近隣ではこのところ
通り魔事件が発生していた。自転車で背後から近寄り、歩いている人に
怪我を負わせるというもの。

同じクラスの同級生が容疑者として逮捕された。
全く信じられない状況に驚き、戸惑うエイジ。
この逮捕により、やってきたテレビ局のインタビューに対し、
別のお調子者の同級生がふざけて失言する。

その様子がテレビで放送されると、当然周りの人たちから顰蹙を買う。
友人のフォローをしながらも、フォローする違和感も持つエイジ。
少し前まで、悪ふざけしても許されたよね?
これは悪ふざけしてはいけない場面だってわかる。
でも分別くさくそんなことやるもんじゃない、って言う自分にも
違和感がある。

否応無しに常識的に考えて行動することが求められてる。
体は大きくなったけど、精神的につていけない部分がある、それが
14歳なんだなあ。

そのついていけないことを説明できない、それもこの年代には
あることなのだな、と理解しました。女子の場合はまた、世間に対する
認識が男子と異なるとは思いますが。

ティーンエイジは、体と心が大きく成長する時期。
世間が認識する成長と本人の成長具合は異なる部分があって当たり前。
成長のスピードや度合いはその人の個性によるのです。

周りの大人が理解して、抑えつけるのではなく見守り、寄り添い
必要な時は手助けしてあげる。そんな風に接することが求められて
いるように感じました。そしてその成長を、本人とともに
分かち合うことができれば、こんなにうれしいことはない。

作品を通して、少年エイジの成長が見届けることができ、
またすっかり忘れていたティーンエイジの気持ちを少しだけ
理解することができた、親としても勉強になった物語でした。

作家たちの作品に対する考えが刺激的

文藝モンスター』の

イラストブックレビューです。

文藝モンスター (河出文庫)

文藝モンスター (河出文庫)

 

 文藝賞受賞者が集まって開催される飲み会で、殺人事件が発生。
ミステリー、ホラー、文学、エンタテイメント、あらゆるジャンルの
作家たちが各自の推理を繰り広げる。

 

f:id:nukoco:20170723082642j:plain

 

登場する作家たちのキャラクターが際立つ作品です。
自分の書いたホラーが怖すぎて気絶してしまう、超怖がりのホラー作家や、
編集部さえ一度もその姿を見たことがないという恋愛ものが好評価な謎の作家、
小説の一文一句、ページ数まで正確に記憶するミステリ作家など。

主人公の、今回受賞された女性作家が1番地味。というかまとも。
しかし、この人がいないと順調に物語は進みません。

過去と現在の文藝賞受賞者が集まる飲み会、こちらで猟奇的な殺人事件が
発生します。参加者全員並びに、飲み会の会場主人が容疑者に。
互いにアリバイを確認し合ったり状況分析をして推理します。

ここで超怖がりのホラー作家が、怖いのは知らないからだ!
という理論のもと警察も無視してガンガン調査しまくります。
このへんのくだりは、現実の世界の住人VS夢の世界の住人ようで、やりとりが
ずれている感じがおもしろい。

正直、事件の内容と結末に関しては、うーん?と首をひねる部分も。
事件の内容に関しては、犯行を実施するには時間が足りないのでは?とか
結末については、年齢設定がちょっとおかしくないか?とか。

しかし、この作品、ミステリとは言いますが、本当に注目すべきは
登場する作家たちが述べている本についての見解。

作家は書きたいものを書かせてもらえない
作家は売れるものを書くべき
書かなくては生きていけない
本は作家の感情の垂れ流し

などなどこれはほんの一部分。作家が変人だと言われたり
するのは、このようなことを考えているからなんだなと。

そして、作家と編集者・出版社は基本的に相容れない存在であると。
でも、良い本を世に出そう、出したいという気持ちは互いに同じで
あるのではないか、ということを本書は教えてくれているのかなと
思います。

本を書く、作る、売るということはどういうことなのか。買う、読む
とはどういうことなのか。
本との関わり方を今一度見直すことができる物語です。

ねこ背は治る!からだが変わる!

ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」』の

イラストブックレビューです。

ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」

ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」

 

 治療・トレーニングは必要なし。
読んで「知る」だけで、身体が変わります。
1呼吸が深くなり、2ねこ背が治り、3腕力が上がり、
4速く歩けるようになる、知れば納得の知識です!

f:id:nukoco:20170723082426j:plain

PCやスマホを操作する、本を読む。
あらゆる動作で、『ああ、ねこ背になっているなあ』と
感じます。でも、このように、書籍のタイトルや人との
会話で『ねこ背』という単語が出てきたときくらいしか
気にしないです。

長時間同じ姿勢で作業していると、首、肩、腰が痛いなあと
感じることが良くあるので、きっと姿勢が悪い、つまり
ねこ背になっているのだろうなあと思います。

こちらはからだの仕組みを解説し、体の各部位をあるべき
位置に置く事を教えてくれます。
するとなるほど、ストレッチとかせずとも『意識する』だけで
だいぶ背筋が伸びるようです。しかも無理せずに!

画期的ですねぇ。自分が特に参考になったのは、歩くときの章。
みぞおちのあたりに意識を置き、ここから足を出すのです。
年末年始、これを念頭に歩き回ってみたところ、あら不思議。
疲れないんです。ガンガン歩けます。しかも速く。

つまりこれは腿から下の部分を使って歩いているのではなく
腰からみぞおちにかけて存在する大腰筋という筋肉も使って
歩いているため、大きなストライドでぐんぐん歩けるのです。
歩くのが楽しいというのは、40代にして初めて経験しました。

ほかにも、使っていない身体の部分がわりとあるということに
気付きました。一部分だけ一生懸命使っていれば、負荷が高まり、
身体のほかの部分にも影響が出ます。

身体のあらゆる部分を上手に使って、元気良く、快適に過ごしたい
人には最適な本だと思います。今年もガンガン歩くぞ!

思考の「クセ」を直して朗らかな日々を

「ささいなことをつい、引きずってしまう」がなくなる本』の

イラストブックレビューです。

 

 ちょっと太った?いい人いないの?何やってもだめだな。
相手に言われたことをいつまでも引きずってしまう。
それは性格ではなく、思考のクセ。そんな思考のクセが
なくなる方法をマンガと文章でわかりやすく紹介。

f:id:nukoco:20170723081356j:plain

誰しも何かグサッとくる言葉を言われたことがあるはず。
問題はその一言が消えることなくいつまでも心に残り続けて
マイナスの感情が発生し続けること。

まずは相手と自分の領域を分ける。
自分の良いところを見つける。
相手に言われた内容を整理する。
だいたい事実を指摘されているのであって、個人が否定されて
いるわけではない場合が多かったりします。

傷ついた自分を認めてあげて、なおかつプラスの言葉で
感情をプラスにしてあげる。
例えば失敗して落ち込む→経験値を増やしているのだ、
というように。

著者は『ほめ日記』なるものを提唱しています。
落ち込むのは自分の内側ばかりに目が向いてるということ。
自分から一歩離れて、外側から眺めてみるのです。

自分を客観的に見て、よくできた、頑張っているということを
書いていくのです。このことにより自己肯定感が生まれ、
自分にも周囲にもやさしくすることができる。

子供のことは褒めたりするけど、自分のことはなかなか
褒めることはありません。相手の発する言葉にムッとしたり、
イライラしたり卑屈になったりするのは、自分の内面でもやもやと
あれこれ考えすぎになっているからなのかも。

毎日の日記に一行加えて自分を褒めること。
これくらいであればチャレンジできそう。
常に自分を認めること、その結果相手のことも認めることに
つながっていくのかなあとおもいます。

世界最強のシークレットサービスで「サムライ」はどう動くのか

ナイト&シャドウ』の

イラストブックレビューです。

 

ナイト&シャドウ

ナイト&シャドウ

 

 世界最強の警護官集団「シークレットサービス」での研修のため渡米した
SP首藤は初日、フォトジャーナリストの美和子と出会う。
国際テロ組織が大統領暗殺を予告し緊張が走るなか、美和子が誘拐される。
首藤は相棒バーンと共に警護を完遂し、彼女を助け出すことができるのか。
圧巻のボディガードミステリ。

f:id:nukoco:20170723081026j:plain

シークレットサービスのSPたちは、プライドが高く、日本から来た首藤を
バカにする。しかし、的確な判断力と、高い身体能力で、次第に周囲の
信頼を勝ち取っていく。はじめは相容れない仲間同士が、相手の能力を
認めて、一緒にやっていこうぜ、という流れが王道なのですが良いです。好き。

この首藤という男、寡黙で、非情に優秀。一昔前のヒーローみたい?
あれこれ余計なことは言わないし、言い返しもしないのですが行動で示す。
かっこいい!男だな~と感じます。その割には、女性の行動に困惑してみたり。
そんなところも人間臭くて、好感が持てます。

事件はだんだんと規模が大きくなってきますが、読者を置いていくことなく
ハラハラドキドキさせながら引っ張ってくれます。

構成とキャラクターで読ませてくれるSP物語。
しかし『ジョーカー・ゲーム』シリーズを期待して読むと・・・一段階
落ちるように思います。短編集と長編の違い、あるいは国を背負う個人、
個人を守る組織の人間という立場の違いなのかもしれません。

この首藤さんが出てくる別の話を読んでみたいです。

パートナーとして息づく作家の住まい

作家の住まい』の

イラストブックレビューです。

 

作家の住まい (コロナ・ブックス)

作家の住まい (コロナ・ブックス)

 

 永井荷風川端康成北杜夫、塔本シスコ、大島渚ほか、
作家が暮らした住まいを紹介。玄関、書斎、リビング、庭など、
写真、平面図、エッセイとともに解説。

f:id:nukoco:20170723080835j:plain

鎌倉にある川端康成が暮らした日本家屋、フランスはパリ近郊にアトリエを
構えた藤田嗣治、信州蓼科の山荘で夏を過ごした堀田善衛

どの家も、仕事をするのに快適であるように整えられていて、機能的
であるとともに美しさや楽しさを持ち合わせています。

なかでも 印象的に感じたのは、工業デザイナー、秋岡芳夫宅。
家族や仕事の変化に合わせて、住宅もルールにとらわれることなく
自由に増改築を繰り返してきた、という工房住宅。

1階は『ドマ工房』と称し、左に木工室、右にドマがあり、靴のまま
自由に出入りできます。床材は石敷き、壁や梁にはふんだんに木材を
使用。作業机は庭に面した明るい場所に、ひさし部分からも
光を取り入れる設計。

2階の事務所スペースも天窓が設けられ、いろいろなところから
自然光が入る。この光が照らす使い込まれた作業スペースや、壁などの木の風合い、
石とのコンビネーションが、とてもしっくりと馴染み、落ち着いた空間を生み出しています。

やさしくて大らかで自由な雰囲気を感じるこの住宅は、秋岡氏
そのものなのかもしれませんね。

作家が暮らし、作品を作り出す場所として存在してきた住まいは、
作家のパートナーであるとともに、作家の一部分として共に存在
し続けているのでしょう。

窓から見える、こんな景色を目にしながらあの作品は生まれたのかな?
そんな空想も楽しい本です。

2人の運命の歯車を狂わせた幼い日の出来事

最後の命』の

イラストブックレビューです。

 

最後の命 (講談社文庫)

最後の命 (講談社文庫)

 

ある日、自宅に帰ると女の死体があった。
犯人は、ある事件がきっかけで疎遠になっていた幼馴染の冴木。
彼は指名手配中の容疑者となっていた。

f:id:nukoco:20170723080543j:plain

彼らは幼い頃、浮浪者たちが知的障害を持つ女性がレイプされる
現場を目撃した。その後、被害者の女性が死体となって発見される。

この事件により、一方は自分を責め 、倫理とは何かと考え、自分の
中にもこのような衝動が隠れているのかと思い悩み、
もう一方は、その時に受けた衝撃を求めて、犯罪スレスレの道を
歩いていくようになる。

人間の感じ方、その感じる力をどのように自分の土台にして
いくかというのは個人差がある。犯罪を目撃した恐怖、犯罪を
行う者たちの悪意に満ちた様子は、少年の心に深く重い液体の
ようにだんだんと溜まっていく。
その重い液体が彼らの土台として築かれている。

こういった事件を目撃し、上手に消化することはできるのだろうか?
彼らは精神を病んだり、自ら犯罪への道を進む事態となっている。
これは仕方のないことなのではないか?
避ける道はあったのか?

連続女性暴行犯として指名手配されていた冴木の真実。
そこには悪に染まる怖れに震えながらも、染まりきれない、ある意味
ピュアな心の持ち主と言えるだろう。
その心の土台に、ドロドロとした淀んだものを抱えていたとしても。

決して幸せにはなれないであろう二人が、互いを思い合う。
救われず、悲しくて、美しい物語。