ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

戦闘シーンがスゴイ。海賊、かっこよすぎ

村上海賊の娘 第4巻 』の

イラストブックレビューです。

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)


 
 

孫市率いる雑賀党を従え、真鍋一族に戦いを挑むも、
圧倒的な兵数と力量の差に、不利な状況へと追い込まれる景。
そこへ村上一族が登場!いよいよ村上&毛利vs真鍋&織田の
水上での戦の火蓋が切って落とされた!!

f:id:nukoco:20180421104906j:plain

一度はやられてしまったかのように思えた景。
孫市の状況報告を聞いた村上家は、景が生きていることを
確信します。景は、破壊した船から潜水で、敵の船に乗り込もうと
していたのです。しかも、たった1人で。

戦う、と決したその意思を貫く強さはいったいどこから
生まれてくるのでしょうか。景は家のためや、自分のためという
要素は一切なく、仏のために戦い続ける信徒を助けたい、
彼らのために戦いたいという気持ちなのです。
他人のためのほうが、案外戦うモチベーションが保ち続けて
いられるのかもしれません。

村上家は秘伝の武器、ほうろく玉を投入します。
ダイナマイトのようなものでしょうか。この時代、他には出回っていない
武器ですから、真鍋家の船をいくつも沈め、有利に運べると思いきや。
ここで真鍋家の当主、七五三兵衛の銛が活躍。
銛にほうろく玉を結びつけ村上家の船へと投げ返します。
ほうろく玉をのせていた村上家の船に引火して、打って変わって大惨事に。

とにかく、ピンチに陥っても「こりゃすげえ、やるなあ」と
あけっぴろげに感情を出し、腕だけでなく頭もフル回転して
形勢を逆転させるこの七五三兵衛は大した男です。
部下の海賊たちも同様で、かつて顔を合わせた景を見ても
「姫さん、また会ったな 俺が斬っちゃるど」とまあこんな調子です。
でも手を抜くことはもちろんありません。景に斬られても
「あ、斬られてもうた」とこんなセリフ。凄惨な現場のはずが
あちこち吹き出すようなやりとりがあり、緩急のつけ具合が抜群です。

最後は景と七五三兵衛の一騎打ちです。七五三兵衛は景に惚れていましたが
情が絡んで…なんてわけはなく、景を認めたが故に全力で戦います。
満身創痍の2人は最後の最後まで結果が見えず、手に汗握ります。

毛利家や織田家に仕える侍たち、そして、海を中心として活躍し
基本的にはどこかの下に仕えるような気質を持たない海賊たち。
海賊たちの陽気で好戦的な性質と、将軍の下に使える政治的なやりとりを
しながら仕事を続ける者たちの世界観の違いがおもしろく、また戦を通じて
彼らが理解しあう姿にも心を打ちます。

各自が己の信念を持って、戦いに挑む。
景をはじめ、どの人物も非常に魅力に溢れています。
戦いの中に笑いを交え、リラックスしながら挑める西の戦士たちは
相当強かったのではないかと思われます。
中でも海賊たちの陽気さハンパないです。
そのハンパない男たちを惹きつける景は、やはり見た目も中身も
枠にはまらない、スゴイ女性だったのだと思います。
こんな女性の戦う姿を見たら惚れちゃいますよ。