ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

違いは夫婦をこんなにもおもしろくする

北のダンナと西のヨメ 』の

イラストブックレビューです。

北のダンナと西のヨメ

北のダンナと西のヨメ

 
 

 

そこらへんを鶴が舞い、シカとしょっちゅう事故る北海道。
死ぬほどうるさいバスの中、おばちゃんが飴を仕込むコテコテの地、
関西。漫画家夫婦の当たり前に戸惑い、身悶える県民性コミックエッセイ。

f:id:nukoco:20180421104004j:plain

北海道は釧路出身のダンナ、兵庫県は神戸出身のヨメ。
環境、生活、文化、言葉…などなど、たびたび発見する違いに
驚き爆笑!してしまいます。

特に北海道については、釧路と函館間が500キロメートル、
釧路と旭川間も300キロメートル以上など、道内距離感がすごい!
数100キロも離れている場所に行くなんて、車だと何時間かかるのかな?
想像もつきません。道内移動についでなし!なるほど…。

一方の関西では在来線の電車に乗って1時間もすれば他県に入れるという。
こりゃあ京都のついでに大阪、神戸もありな状況です。
関東もわりとそんなかんじですよね。やはり北海道はでっかいどう。

食べ物はどうでしょう。
いくらなどの魚卵はふりかけ感覚でドバドバかける道民。
これは新鮮な魚卵が安く手に入るからですよね。うらやましい。
神戸はカレー、肉じゃがなどの肉料理は牛肉を使用することが
多いとか。へえぇ〜、ですね。やはり神戸牛の産地だから?
それぞれ実家に美味しいものがあるというのはいいですね。
またジャンルが違っているのがいい。2倍楽しめます。

漫画家夫婦であるからか、その違いはネタとして大いに
役立ち、なおかつ夫婦で楽しんでいる様子が伝わります。
相手の大事にしている面は認めて、時には譲り合い迎合し。
出身の異なる2人が出会ったからこそ、それぞれの生まれ育った
環境が融合した新しい暮らしがはじまるのです。
そしてその違いが、相手への理解を深め、距離を縮めるアイテムと
なるのです。

パートナーの背景丸ごとおもしろがり、尊敬している様子が
伝わる、おもしろ県民性コミックエッセイです。