ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

続けて4回読んだ。4回とも泣いた。

空っぽのやつでいっぱい』の

イラストブックレビューです。

空っぽのやつでいっぱい (KITORA)

空っぽのやつでいっぱい (KITORA)

 

 
 

 

ニコニコ動画を中心に楽曲への映像を提供し、
その鮮烈な表現でファンを増やしてきた映像クリエイター、
アボガド6の初の漫画作品集。

f:id:nukoco:20180325123707j:plain

 

機械に育てられた娘、誰よりも人気者の彼女、理不尽に家族を
奪う事故、大人を消してほしい子どもたち、死を取り扱わない
死神の話…。少しづつ切り取られた日常の破片が重なり合っていく。

ニコニコ動画などの楽曲PVを見て、いいタッチと色づかいを
する人だなあと思っていました。漫画作品となるとどうなのか。
pixivやTwitterで出していた作品もあるようですが、自分に
とってはすべて初見となります。

実は中2病ぽい内容かも?などと思っておそるおそるページを
開いてみたところ…。機械に育てられた娘の話で号泣。
生まれた時からロボット「マザー」に育てられた娘。
ロボットによる育児は実験の一環であり、成長の様子について
データを取られているのですが、彼女には人間的感情が見られません。
期日までに感情が見られない場合は、規則に則り、
少女は処分されてしまうのです。
それを知ったマザーが行ったこととは。

可愛らしい表情を持った登場人物たち。でも、その表情はどこか
無機質だったりします。しかし、その表情が動き、心が入った時。
いい顔するんです。ロボットですら表情が浮かぶように見えるのです。
これには思わず感情を揺さぶられます。

他にも、家庭が不和、学校へ行くといじめられ…
という辛い思いをしていた女の子が、ある電話ボックスを見つけます。
受話器を外して見ると電話が繋がり、『何をお望みですか?』
と問われます。それは、依頼者自身の命を削って望みを叶える死神の電話。

彼女は望みを伝えます。数回利用すると、彼女が望んだように
家庭は円満になり、親友ができ、人気者の人生を手に入れることができます。
彼女は最終的に命を落としてしまうのですが、この話は深いです。

彼女が望んだのは両親が仲良くなること、両親が困らないよう
お金が欲しいこと、頭が良くて可愛くなりたい、父の病気を
治してほしい、親友がほしい、などなど。

自分でどうにもならない望みもあるけど、自分でどうにかなる
望みもありますよね?頭が良くて可愛くとか、親友がほしいとか、
自分の努力で多少はどうにかなるかと思うのです。
一方で、両親が子供の頃からケンカしてばかり、という環境で
育った彼女にとっては、自分でどうにかして何かを手に入れるのは
無理なのではないか、という思考になってしまっていたのかも
しれません。

いろんなものを手に入れて、日々幸せを感じている彼女。
でも、その手に入れたものや生きることに対しての執着がないのです。
もしかして、それは自力で手に入れたものではないからかもしれません。
他力で手に入れた「いいもの」、それは空っぽなのでしょう。
空っぽのものでいっぱいになった彼女の結末は。

お話が少しづつ重なっていて、視点を変えながら進行していきます。
生きていくことのヒリヒリするような痛さ、苦しみ、喪失など、
登場人物の不安定な感情が、著者のタッチに合っていて
臨場感があります。

1度読んで深いため息をつき、2度読んで内容を確認し、
三度四度と繰り返して読んでしまう。中毒性のある
強い世界観のある作品だと思います。
数日間は毎日手にとって読むことになりそうです。