ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

上司にこんなことしたいと思った人、手を挙げて!!

『サラリーマン山崎シゲル』の

イラストブックレビューです。

 

 とある会社の、とあるサラリーマン山崎シゲルが、
部長相手に繰り広げる異常な日常を一コママンガで
描く。

 

f:id:nukoco:20171227154012j:plain

食パンに乗って通勤、疲れた部長に缶コーヒーのように
サバ缶を差し入れる、部長を跳び箱のように飛び越える…

あり得ない!あり得ないシーンばかりなのに
思わず笑ってしまいます。上司である部長は、奇妙な山崎に対して
切れることなく静かに対応してくれる、とても良い方です。
部長の机の引き出しにご飯をぎっしり詰め込まれたとしても
冷却シートを頼んだのに、ベーコンを額に載せてくれたとしても
「山崎くん…これ違うよね」
と哀愁漂う表情でただ呟くのです。

一コマの中に詰め込まれたシュールな空間。
なんでここにこれが!こいつが!なんだこれは!?と
いう組み合わせが多すぎて、もう笑うしかない。
山崎はサラリーマンであるということで、一見まともそうに見えるのですが
全然まともじゃない。
天然のようで確信犯の時もある山崎の行動の数々。

そして、なんとも味のある描画。
山崎の、穏やかながらいろいろとやらかすときの表情の変化、
部長の、中高年に漂う諦念を背負った背中の丸み。
背景のないスッキリとした一コマの中で、彼らが所狭しと
動き回ります。

山崎のぶっ飛んだ日常ぶりに爆笑すること間違いなしです。
苦手な上司がいる方は、山崎が部長に対して行ったことを
自分の上司にやることを想像してみてはいかがでしょう?
スッキリするのではないでしょうか。
ただし、その上司の目の前で想像してはいけません。
笑いが止まらなくなりますので…