ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

商人の嫁として、新たなステージが始まる

『あきない世傳金と銀 3 (奔流篇) 』の

イラストブックレビューです。

 

あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)

あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)

 

 女衆として、大阪の呉服屋で働くこととなった少女が
自らの聡明さと誠実さを武器に、商いの道で活躍していくあきない
世傳シリーズ第三弾。

 

f:id:nukoco:20171123115434j:plain

 

三代目店主の後添えとなった少女、幸。しかし、夫は
不慮の事故で亡くなり、店の次男であり、四代目店主となった
惣次と結婚し、改めて店主の妻としての立場を得ることに。

三代目によって傾きかけた五鈴屋を、従業員の意識改革から
始め、運営の仕方までを大々的に変更し、見事に立て直した惣次。
しかし、冷徹とも言えるそのやり方には、反発も起こります。

その部分をうまくフォローすることと、そして何より、幸の
商売に対する発想の豊かさ、知恵を惣次は欲しがっているのです。
さらに面倒な事に、惣次はその幸のアイデアは全て自分の成果にし、
幸が表に出ることも、余計な口出しをすることも一切否定するという、
男としてのプライドがエベレスト並みに高いという困った
夫なのです。

もとは女衆という立場なので、自分の分はわきまえて上手に
陰で支える幸ですが、惣次のその冷酷無比な商売のやり方に
たまらず口を出してしまいます。

仕事はできるが情がない、幸の商才を認めるが自分より目立つ形で
彼女が皆に評価されるのは我慢ならない。そして幸の美しさ、性根の
まっすぐさを誰よりも理解し、愛しく思っている。
様々な思いが巡る、不器用な惣次の心の中が手に取るように
伝わってきます。

そんな惣次の気持ちを、理解できたり、できなかったりする幸。
幸は、幸なりに旦那さんである惣次を大切に思っているし、
店の発展に協力したい、とひたむきに頑張っている姿が心を打ちます。

幸の商才が徐々に成果を発揮していく今回の物語。
現場の力は、もちろん惣次にかなわないのですが、商売に対する
発想力、お客や取引先に対する誠意の分、惣次よりも上回るところが
あるようです。

ようやく女性として大切にされるかと思いきや、夫のプライドと
お店の運営に振り回される幸。
女性として商いの道を全うすると決意した彼女は、今後どうやって
問題を乗り越えていくのか。続きが楽しみです。