ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

冷蔵庫の中身が変われば生き方が変わる

『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』の

イラストブックレビューです。

 

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室

 

 料理ができない。
そのせいで自信を持てなくなっていた10人の女性が、
リベンジをかけて参加した料理教室。
年齢も職業もさまざまな女たちが励まし合い、泣き、
笑い、野菜を刻む。

f:id:nukoco:20171123112836j:plain

実母との思い出の味がマクドナルドの女、料理のことになると
情緒不安定になる精神科医の女、ひとり暮らしなのに倉庫型スーパーで
大量の食材を買い込んでしまう女…

年齢も職業も環境も異なる10人の女たちが、包丁の握り方からはじまり、
野菜を刻み、スープの取り方を覚え、肉のをさばき、魚を調理する。

調理をほとんどしたことがない、料理しても美味しいものが作れない、
料理することが怖い…
女性たちの背景にはさまざまな環境があります。
育ってきた環境、現在の生活や家族との関係、仕事。

食生活とその人なりの生き方というのは確実にリンクしている、
という事に驚かされます。
誰もがなんらかの問題を抱えていたのに、料理教室に通ううちに
改善の方向に進むようになったのです。

身体の健康はもちろんのこと、食費も抑えることができ、
何より料理することでイマジネーションが膨らみ、クリエイティヴ
楽しみを得られ、結果として前向きに物事を考えらえるようになったのです。

ファストフードばかり利用していたり、冷凍食品を大量に買い込んで
いたとは思えないほど、日常的に料理をするようになった、みなさんの
変化には驚きを隠せません。

アメリカだから日本とは違う、という意見も、もちろんあるとは
思いますが、実はそう違いはないのでないかと自分は思います。
日本では、料理する時間がもったいないとか、とにかく合理的がいい、
という考え方がアメリカほどには多くないのでは。

今後は日本でも共働きの夫婦がより多くなり、思うように食事を作る時間が
取れない家庭も増えていくと思います。
そんな中では出来合いのものを利用したり、外食する機会も多くなるでしょう。
自分もその1人でしたが。

ただ、自分や自分の家族がいつも何を食べているか、自分が手に
かけていない料理にはいったい何が入っているのか、意識を向ける
必要があるのではないでしょうか。
そこを理解しながらの惣菜利用や外食は、アリだと思います。
わが家では惣菜や外食が連続すると、口の中がイヤな感じになる、
と子どもから言われたので、続けての利用はしていませんでした。

また、買い物面で言えば、スーパーではあの手この手で消費者に購入させようと
陳列に工夫を凝らしているということ。
店内が寒いのは、食欲を増進させ、購買につなげるためだとか!
子どもの目線には、ディズニーキャラが描かれたシリアルやチョコを、
消費者的にお得な商品は、スーパーが売りたい棚を通り過ぎた通路の角あたりに、
といった具合。

スーパーへ行くと、目的のものは見つかりづらいのだけど、何故だか
余計なものを買ってしまうことがあります。
それはこのせいだったのか!と納得しました。

食費を節約するのに一番大切なのは、食べものを無駄にしないこと。
余計なものを買っても結局は食べきれずに捨ててしまうことがあります。
それは罪悪感を伴う苦しい作業と共に、使いきれなかった自分に
自己嫌悪してしまうことでもあります。

スッキリとした冷蔵庫の中身で、必要なものを必要なだけ購入する。
あるもので組み合わせてメニューを考える。
そうして料理ができたこと、家族がおいしいと言ってくれることで
毎日喜びを感じられるのです。

料理することは生きること。
深く頷いてしまう、ノンフィクションでした。
10人の女性たちの健康と幸せがより発展しますように!!