ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

何度でも巡り合う、運命の人

ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の

イラストブックレビューです。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

 

 美大姓の僕は、電車で見かけた美少女に、意を決して告白。
思いがけずOKをもらって、その日から付き合うことに。

f:id:nukoco:20170924170141j:plain

まずは、この主人公の青年、地味な感じがいいですね。好みです。
ごく普通の、美大に通う静かな青年で、女性慣れしていない。
そこへ現れたのは、とびきりの美少女です。
知り合いでもない女性に声をかけるなんて、と自分でもびっくりするくらいの
衝動に突き動かされた、というのが運命的な何かを感じさせます。

ネタバレですが、2人は時が逆に進行する世界に生きています。
大学生として出会っているこの瞬間は、2人が同世代で生きていることが
できる、貴重な時間なのです。
ここを境にして、青年は歳ををとっていき、女性は若くなっていくのです。

ここのあたりの経過は、ミステリのようにも楽しめます。
あの時、ああいう態度をとっていたのはこういうことだったのか!と。

この謎が解明するのは中盤あたりですが、そこからが切ない。
男性側は、2人の関係が近づくにつれ、もちろん思い出を共有し親密さが
深まっている、と思っているのですが、女性は違います。
今日の思い出は記憶に残らず、どんどんはじめて出会う状況に戻っていくのです。

そんな状況なのに、なぜ彼女は付き合う事にしたのか?
そのためにどんな努力をしていたのか?
そして、その秘密を知った後の2人の関係は?
そんな事を考えながら、再度読み返してみるとまた新しい面白さを発見できます。

純粋な恋愛小説として楽しめる作品だと思いますが
個人的には、違う時の流れの中で、ほんの偶然から出会った二人が
時を超えて、場所を変えてちょっとずつ同じ世界を生きる、ということが
ドラマチックでとても面白いな、と思いました。

本人たちはタイムワープしていないけれど、『時をかける少女』を
連想させるような。恋愛小説はあまり…という方でも、こうした構成と仕掛けの
面でも楽しめる作品だと思います。