ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

世界最強の姑にどう挑むのか?

姑は外国人』の

イラストブックレビューです。

 

姑は外国人 (角川書店単行本)

姑は外国人 (角川書店単行本)

 

 国際結婚でカナダに嫁いだマコ。
そこに待ち受けていたのはイギリス出身、元モデルにして最強キャラの姑、エレナ。
猪突猛進、曲がったことは大嫌いのエレナにふりまわされること多数。
果たして日本人嫁とカナダ人姑はうまくやっていけるのか??

f:id:nukoco:20170924164714j:plain

 

結婚されている奥様方、お姑さんてどんな方ですか?
育ってきた世界が違うのだから、驚く事が多々あると思います。
もちろん姑の側から見ても『なんじゃあの嫁は』って部分があると思いますが。

うちの義母も、このエレナさんに結構似ています(笑)。
強くて、猪突猛進なところなんか特に・・・。
ことに孫のかわいがりようについては万国共通なんでしょうか?
エレナは、マコが目を離した隙に、一歳にならない孫のザンちゃんに
チョコレートマフィンを食べさせようとしています。
歯も生え揃ってない赤ちゃんにチョコはいけませんね。
ああ、うちもあるある〜と深く頷きました。
孫の可愛さというのは、虫歯になるからとか、理屈をもふっ飛ばしてしまうもの
なのでしょうかね。

エレナさんはこのように困った部分をお持ちですが、頼りになることもたくさん
あります。ザンちゃんの幼児教室での授業中、携帯電話で話し始める保護者に向かって
『授業の邪魔になるから外で話して!』とキッパリ。

またある時はザンちゃんの気になる症状に対し、担当医は問題ないと言うのですが
『大ごとだったらどうする!専門医の紹介状を書け!』と迫ります。
結果、ザンちゃんは放っておいたら手術する事もある症状を持っていて、
マッサージで完治可能な赤ちゃんのうちに発見できたのは、とてもラッキーなことでした。

エレナさんすごい!!自分だったら、医者の言う通りにして子供の症状を
悪化させていたかもしれない…。

自己主張が激しくて、大変な部分もあるけれど、とっても愛情豊かで正義感が強い。
孫の面倒も見てくれて、共に仕事をする若い息子夫婦を応援してくれている。
あ、やっぱりうちの義母と似てるわ。

特に、孫のザンちゃんに、日本の血が流れているのを誇りに思って欲しいと
自ら日本の文化や言葉を勉強して孫に教えてくれるシーン。
これはザンちゃんという人間を形成する要素全てを認め、愛してくれている
事だと思います。こんな風に、嫁の育った文化までまるごと愛してくれるなんて、
とジーンときました。

結婚してから新しく形成された家族。これは縁あってのこと。
孫は血が繋がってるけど、血が繋がらない嫁も認めてくれて、大事にして
くれているんだなあということが、この本を読んで改めてひしひしと感じました。

親というものは、子供が築いた家族まで広い心で包んで愛してくれるものなのですね。
エレナのように、義母のように、そして実母のように。
自分もそんなおばあちゃんになれるよう、がんばりたいと思います。