ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

行動力に感服!!の主婦単独世界旅行

主婦を休んで旅に出た よくばり世界一周!』の

イラストブックレビューです。

主婦を休んで旅に出た よくばり世界一周! 上 (朝日コミックス)

主婦を休んで旅に出た よくばり世界一周! 上 (朝日コミックス)

 

 アラフォー主婦が一人で世界旅行へ!
低予算にコロコロバッグでどこまでも。
インド、ヨーロッパ、中東への旅を綴る紀行コミック。

f:id:nukoco:20170830082512j:plain

アラフォー漫画家、ってコレ主婦じゃないよね…。
夫と子供がいれば主婦ってことなのかな?と軽くツッコミを
入れといて。

いや、この著者の行動力は、漫画家だからこそ、と思うのです。
世界旅行に行きたいいなあ、なんて思ってたらあっという間に
アラフォーで。いつ行くんだ今でしょ!
と、決めて直ちに実行に移るその行動力の凄さよ。
旦那さんとお子様が理解あるところも素晴らしい。

準備段階から参考になる情報がたくさん出てきます。
世界各国を周るのに期間一年間で、決められたエリアの国であれば
何度でも行ける航空券や、旅に持って行くものなど。
事細かに、スッキリした絵で紹介してくれてわかりやすい。
でも、ガイドブックが荷物のほぼ半分てどうかなとは思うが。

そして旅はインドからスタートし、北欧、東欧、中東の計20カ国を
訪れます。
インドの街の混沌具合、人のうっとうしさ。
北欧の素晴らしく清潔な公共トイレ、他人に対する不寛容さ。
東欧の美しく立派な建物物。

衝撃的なのは中東。ヨルダン、イスラエルなど、セクハラの嵐!!
著者の取材魂や好奇心が、現地の珍しいものなどに目を向けさせるのは
わかるのですが、身の危険を感じるような出来事があったり。
ご本人も警戒心が全くないわけではないのですが。
外国人の女性というのは犯罪に巻き込まれやすいのね、というのが
わかります。無事で良かったねホントに。

旅の醍醐味は人とのふれあい。
外国で出会う日本人に縁を感じたり、インドで出会ったフランス人と
連絡を取り合い、お宅へお邪魔したりしてしまうコミュニケーション能力の高さは
すごいですね。

ひとり旅というのは、こういった人に対する判断力、旅のスケジュールの
調整力などなど、あらゆる能力が求められるのですね。
そして最も大切なのが『折れない心』。

各国で起こるトラブルにより、恐怖や苦痛、悲しい思いなど、様々な
思いをするけれども、それでも次の国へと向かっていく。
その思いを糧にして、また人や国を信じて動き出す力は著者ならではの
逞しさであり強さだと思います。

今回読んだのは前編。後編はアフリカや南米などだそう。
世界旅行が終わった著者の人生観はどう変わったのか。楽しみです。