ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

神社の力を借りて本当の自分を見つけよう

成功している人は、なぜ神社に行くのか?』の

イラストブックレビューです。

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

 

 神社の力、神様の存在、お参りの効果などを科学的に解説。

f:id:nukoco:20170830082311j:plain

ブログをはじめて、5ヶ月が経過。
少しずつではありますが読者もついて、記事も毎日アップできるように
なり、これから目指す道へのベースがようやく出来てきたように
感じています。

そこで、進んで行く方向が見えてきたら、そして歩き始めることが
できたらやろうと思っていたことがあります。
それは神社への月参り。毎月、神社へお参りするのです。

以前読んだ本の影響でしょうか。ハッキリと覚えてはいないのですが、
そうしよう~とぼんやり考えていたら、新聞広告で見つけたこの本。
『成功している人はなぜ神社に行くのか?』というタイトルに
グッと惹きつけられました。うわ!キタコレ!

自己啓発本とスピリチュアル本を両方読んでいく中で、能動的な
部分と受動的な部分が自分の中で整理しきれていないなあと常々
思っておりました。

自分でコミットして行動を起こす、または行動するための手法→自己啓発本
自分でコミットするんだけど行動に特化しない、意識を強めると望む結果が
向こうからやってくる→スピリチュアル本。

こんな風にざっくり分類していたように思います。
スピリチュアルについては、意識、という点で際限がないというか
ご先祖様に思いを馳せたり、宇宙とつながる感覚であったりと、わかるような
わからないような、でもそりゃ違うよ!ってほどハッキリと否定できないという。

この本は、そのあたりがうまいこと合体しています。
現実とスピリチュアルが一体化。おもしろいですね。
まず神様の存在について述べていますが、『祈る人々の意識の集合体』なんだそう。
へええ!!これはビックリです。その人々は、昔の人々も含まれるのです。
そして、神様が境内を通る時には風が吹くそうですよ!
これは感度が高い人でないと感じるのは難しいのかな?

参拝の手順としてはまず手水で手と口を清めます。
これは、手と口からあらゆる物、念などがはいってくるため、それを
落としきれいにします。
これにより、本当に自分が望むことが明確になる。
祈りとは意を宣る、という言葉から来ており、自分の望むことを口に出す、と
いうこと。

雑念をなるべく祓い去り、シンプルな自分になった状態で、本当に
望むことを告げる。これで神様はわかったよ!と万事全部やってくれるわけでは
なくて、願いを達成するのに良いご縁を運んでくれる、とこういうことの
ようです。

一連の儀式化した行動が、無意識レベルに願いにコミットするぞ~という
準備を整えているのだと思います。

確かに 神社に行くだけでも気持ちがリセットされる感覚になります。
これは1年の始まりに行く初詣や、お宮参り、七五三などの行事で訪れるから
なのかもしれません。

神社に赴き、神様に手をあわせて祈る行為は、自分と向き合う行為に
つながるのです。日々色々な情報や対人関係に揉まれて混乱した頭と体を
スッキリさせて、目的を明確にしてまっすぐに進むためにも、特別な
時だけではなく、日常的に訪れるのもいいかもしれません。