ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

心に沁みる 食卓の景色

ぶたぶたの食卓 (光文社文庫)』の

イラストブックレビューです。

ぶたぶたの食卓 (光文社文庫)

ぶたぶたの食卓 (光文社文庫)

 

 

見た目は愛らしいぬいぐるみだが、中身は心優しき中年男・山崎ぶたぶた
彼が作る料理は、どこか懐かしく切ない思い出の味だ。
大好きだった祖母が作ってくれたチャーハン、遠い夏休みの記憶を喚び
起こすかき氷…それらが、傷つき疲れた人々の心をときほぐし、新たな
一歩を踏み出す勇気を与えてゆく―。
心の奥をほんのりと温めてくれる、傑作ファンタジー。

f:id:nukoco:20170625163750j:plain

ぬいぐるみが主人公、必ず食にまつわる物語、というしばりがありながら
シリーズはもう20冊近くも出ている。
こういったファンタジーものも嫌いではないので、買ってはみたものの
まさか10冊以上買い続けるとは思わなかった。

このぬいぐるみのぶたぶたさん、見た目がほんとにかわいいぶたのぬいぐるみ。
そして中身が節度ある、とてもやさしい中年男性なんです。いいですね。

料理にまつわる物語ですから、まずはぶたぶたさんが何か料理を作ります。
その料理する姿を見て登場人物は驚き、周囲の人がナチュラルに彼に
接している事に2度驚き、そしてかわいい見た目に反してとても常識的な
思いやりのある中年男性であることに3度驚くわけです。

これはどの話でもパターンとして出てくるのですが、不思議と飽きない。
きっと登場人物の年齢や性別、生きてきた環境が違うために、ぶたぶたさんを
見た反応も千差万別だから、ということなのでしょう。

今回のぶたぶたさんはさすらいの料理人よろしく、料理教室の講師をしたり
カフェのマスターをしたり。

なかでも印象に残ったのは、祖母が作ってくれた思い出のチャーハンの話。
若いOLがふと入った中華屋で思い出の味に出会う。このチャーハンの味を
提供してくれたのは・・・ ぶたのぬいぐるみ。

ぶたぶたさんにチャーハンのレシピを教えて欲しいとお願いしたところから
祖母の空白の期間が明らかになってくる。そして、祖母がOLの彼女と、彼女の家族を
広く、心から大事に思っていた事も。

心のちょっぴりひりつく部分を、やさしく手当てしてもらっているような
そんな気分にさせてくれるファンタジー。
20代のOLから50代のサラリーマンまで、幅広い年代に楽しめる作品です。