ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

ヤクザは人々を癒す楽園を作り出すことができるのか?

プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)』の

イラストブックレビューです。

プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)

プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)

 

 極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は驚いた。
たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵が
温泉リゾートホテルのオーナーになったというのだ。
招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用。人はそれを
「プリズンホテル」と呼ぶ―。

f:id:nukoco:20170625162319j:plain

この本は、読み終わるまでにすごく時間がかかった。
その理由は最初のくだり、作家である木戸孝之介が身の回りを世話
してくれる女性と、愛人に対する仕打ちがひどいため。
気にいらないことがあると、すぐに殴りつけるのです。
その気に入らない理由も自分勝手すぎるし。

強烈な不快感を覚えて、どうも先に読み進めず全体の3割ほど
読んだ後、3ヶ月ほど放置。
最近ようやく手にしてまた読み始めたら、これがまたおもしろいこと!

ヤクザが運営するヤクザだらけのホテルに放り込まれた、実直・誠実な
元一流ホテルの支配人、そして一流のフランス料理人。
彼らはおかしなホテルに放り込まれた事に戸惑いを感じつつも、自分の
仕事を全うしようと努力します。

ホテルの宿泊客や新たにホテルの従業員となった者達、いわゆる堅気と
そうでない人たちのやりとりがズレており、
微妙な可笑しさを発生させて、つい笑ってしまうのです。

中盤以降は、木戸孝之介よりもこうした周囲の人々との人間模様に
焦点が当てられていたので読み進めることができたようです。

それから、興味深いのはヤクザの礼儀。いわゆる「仁義を切る」という
挨拶についてもきっちり描写されていて、なんだか戦国時代の武将たちが
戦いに挑む前に互いに挨拶をしている姿のようだなと思いました。

アクの強い登場人物たちがところ狭しと動き回る様子は、舞台を見ている
ようで一気に引き込まれます。
ただ、本当に木戸孝之介がクズすぎて好きになれない(苦笑)。
でもそれこそが作家、浅田次郎の罠にまんまとはまっているわけなんですがね。

彼はクズになってしかるべく過去を持っています。
2巻以降では徐々に、彼なりに更正していく描写がでてくるようです。
どこまで彼に共感できるかが作家の腕の見せ所でしょう。
もちろん、私は単純なので、すっぽりはまってしまうとは思うのですが。

すばらしく楽しい、エンターテイメントヤクザ小説です。
2~4巻までは正月にでもゆっくり読むか、それとも年末までに
夜中お酒を飲みながらじっくり読むか・・・
うれしい悩みです。