ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

激流の中でも決して自分を見失わず

 

『あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)』の

イラストブックレビューです。

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)

 

 

店の立て直しをはかるため、女衆でありながら
店の若旦那と14歳で結婚することになった幸。

f:id:nukoco:20170625155805j:plain

店のお金まで使い込み、店を傾けさせてしまう若旦那。
女衆あがりが、という周囲の目線にめげることなく、
自分のやることは商品の知識を得ること、と前を向いて
真っすぐにすすむ幸。

結婚とはいえ、傾きかけた店で決して恵まれた状況とは
言えません。その中で長く会えなかった母と妹が式の
ためにやってきて再会し、良かったと涙を流すシーンには
こちらも思わずもらい泣き。

純粋に娘が幸せで良かった、という喜ぶ母。綺麗な姉を見て
憧れる妹。ここでキッパリと生まれた家と決別したというか
はっきりとした溝ができたように思います。
あちら側とこちら側、といったような。

それは幸が自分の生き方に覚悟を決めたから。
逃れられない状況ではあるけれども、『あきらめ』ではなく
自分で選んだのだ、という意思を持つところがすごい。
だからこそ、その後に起こる出来事にもくじけることなく向かって
いけるのでしょう。

14歳から16歳という、女性としても次第に花開き、変化して
いく時。幸にとっては未知の世界へと踏み出していくことに
なります。

第1作に続き、幸が精神的にも身体的にも成長している姿が
しっかりと感じられることがとても嬉しく感じます。
第2作の今回は、最悪の事態は免れたがまだまだこれから
波乱が巻き起こる予感を感じさせる終わり方です。

江戸時代の大阪の商人、という全く馴染みのない環境に
これだけ共感できるのは、やはり作者の腕なのかなあ、と
思います。この作品とは長い付き合いになりそう。
そんなうれしい予感がします。