読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

大切な相棒と仲良く快適に暮らすために

大人気猫マンガ『猫なんかよんでもこない。』の杉作さん描き下ろし!
ほのぼの猫暮らしマンガと獣医さんが教える最新猫医学。

f:id:nukoco:20170427214027j:plain

 

猫を飼い始めるきっかけから、子猫を迎え入れそして看取るまでを
マンガで、そして猫の心と身体やお世話のコツを、獣医さんが最新の猫医学に基づいて解説します。

マンガの作者、杉作さんが描写する猫と飼い主の関係はキュンキュンします(笑)。
飼い主にしきりと擦り寄ってきては膝に乗る・・・
そんなあったか猫ライフを期待して飼い始めたのに、そうはいかないし。

身体の手入れをしようとしたらやたらとひっかかれた、かじられた、暴れる・・・
うちの2代目も1歳過ぎてもそんなかんじ。

でも、興奮してないときはいつも誰かのそばで無防備にお腹を見せて
寝転がっています。その姿がなんとも可愛らしくて癒されます。

うちの2代目は、誰かにべったりするよりは、人のそばにいるのが
心地よくて、触られすぎるのはあまり好きでないタイプのようです。

猫の数だけ性格は異なる。ただ、性質は共通するところがあるので
そこを尊重してあげると良いようです。

我が家もトータルで15年近く猫を飼っているのですが、猫とどのくらい
遊んだらいいかとか、猫が好む環境など、知っていたようで実は
わかっていなかった点がいくつもありました。

個人的にはどうしても納得いかないのは猫を『猫様』としてあがめ、人間は下僕であれ、
という部分。
確かに家族の一員として扱ってはいますけど、あくまでペットだし。
人間より偉いとか、ちょっと受け入れられませんけど・・・

そして自分の行動を振り返ってみた結果、猫の気に入りそうな
おもちゃをいくつも買ってきたり(ひとつでいいでしょ)、
寒そうだよね~と猫用布団を用意したり(なくても困らない)、
たまには豪華なごはんもいっしょに食べたいよねと高級レトルト買ってみたり(たまにね)。

そこそこ下僕化しているようです(汗)。
我が家は幼児もいますので、爪立てたり攻撃しないように気をつけていますが
2代目は一応気を使って、激しめに遊びたいときは大人を狙ってきます。
意外と分別があって賢いです。猫バカですね。

家族みんなが、それぞれに大切に思っている我が家の猫。
猫は気ままになでてもらいたい人のところへ赴き、そうでなければ寝る、遊べ、と誘う。

思い通りになでさせてくれなかったりもしますが、大事な家族の一員です。
2代目が末永く、一緒にいられるようにこの本を参考にしていきたいです。

この本の良いところは、猫が我が家にやってきたときのことを
思い出させてくれること。
そのときを思い出すたびに、ああ、我が家に来てくれて良かった、
とあたたかい気持ちになるのです。

 

うちの猫を100倍幸せにする方法: ほのぼの猫暮らしマンガと獣医さんが教える最新猫医学

うちの猫を100倍幸せにする方法: ほのぼの猫暮らしマンガと獣医さんが教える最新猫医学