ぬこのイラストブックれびゅう

雑読猫、ぬこによるイラストブックレビュー。本との出合いにお役に立てれば幸いです。

孤高の外交官ヒーロー現わる!!

ローマ入りする外務大臣を警護せよ。

特命を受けた外交官・黒田康作在イタリア日本大使館に着任早々、
大使館に火炎瓶が投げ込まれるという事件が発生。

そんな折、母親と観光に訪れた日本人の少女が誘拐され、黒田は
母親とともにアマルフィへ向かう。

周到に計画を遂行する犯人の真の狙いとは?

f:id:nukoco:20170427213310j:plain

織田裕二主演により、フジテレビ開局50周年記念作品として
2009年に映画公開。

先に出演者と舞台(アマルフィ)が決まり、真保 裕一氏が
企画制作に加わったという流れだそう。

映画化された後に、小説として発表されました。

当時は大好きな作家さんではあるけれども、フジテレビ制作の映画と
いうことで、ドラマのような仕上がりなのかな?と
映画を見ることもなく、後から出た小説にもしばらく手を
出さずにいました。

しばらくたち、自分の中で宣伝されていた映画のイメージを払拭できたかな~
と感じたのでようやく購入。
先入観を持って作品を読みたくなかったので。

主人公の外交官は格闘術とライフル射撃の名人。
え 警察じゃないの?というか外交官でこの経歴ってなに?

と、その経歴だけでも興味深々。

外国において、その国の法律と、外交官という立場を利用して
ギリギリのところで立ち回る姿、そして時にはいやらしいくらいの
やり方で、相手と取引をしたりします。

それは各国で仕事をしてきたからこそ身に着けた、いわばスキル。
それにしてもその度胸には舌を巻いてしまいます。

外交官という仕事の内容についてもしっかり描写されてます。
パスポート無くした人のために、デスクワーク中心に
仕事してるのかな、なんてイメージでしたがとんでもない。

海外で起こる邦人がらみのトラブルには常に第一に駆けつけ
最適の処理を施さなくてはならないのです。

機転と体力・知力が備わっていないとやっていけない仕事。
そしてそこに、役人らしく組織から圧力を受ける事も。

一匹狼の体でありながらも、外交官という立場上、やはり
組織の一員。
上手に立ち回るどころか、時に手段を選ばす強引に解決へと
進める姿は、やはりヒーローであり、かっこいい。

別の国では、どんな手法でトラブルを解決していくのか。
これからの彼の活躍に期待したいです。

 

 

アマルフィ 外交官シリーズ (講談社文庫)